Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2022年11月25日本日のドル円相場分析

calendar



 

 

 



 

先日の東京市場では米国が感謝祭で商いが薄く、値
が振れやすかった面もあり、一時138.61円まで下げ
足を速め、一巡後はやや下げ渋ったが、戻りは限ら
れ、ロンドン市場にかけて「薄商いを狙って仕掛け
的な売りが出た」との指摘もあるなか、一時138.06
円まで下値を広げるも、NY市場引けにかけては138.
60円台まで下げ渋る展開。

 

 

 

そんな中テクニカルでは8h遅行スパン価格沿い周期が
継続となり下降。1h転換線に上値を抑えられ安値を更新
してくるも、1h雲ねじれ付近の変化日から反転上昇し、
遅行スパン価格付近に推移する展開となっております。

 

 

引き続きマルチタイム転換線、基準線、雲、遅行スパン周期
に注目して、1h遅行スパン価格沿い周期から8h遅行スパン価
格沿い周期でこのまま下降してくるのか、日足S点付近をサポ
ートに反転上昇してくるのか、マルチタイムのレジサポを合
わせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

米国が感謝祭で商いが薄く、値が振れやすかった面
もあり、一時138.61円まで下げ足を速め、一巡後は
欧州勢の参入を前にやや下げ渋ったが、戻りは限ら
れる。

 

–ロンドン市場–

米感謝祭で市場の流動性が極端に低下するなか、円
高の流れが継続。市場では「薄商いを狙って仕掛け
的な売りが出た」との指摘もあるなか、一時138.06
円まで下値を広げる。

 

–NY市場–

米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩和する
との見方から円買い・ドル売りが進行。米国市場が感
謝祭の祝日で休場となる中、「薄商いを狙って仕掛け
的な売りが出た」との声も聞かれ、一時138.06円と日
通し安値を付けるも引けにかけては138.60円台まで下
げ渋る。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中テクニカルでは8h遅行スパン価格沿い周期が
継続となり下降。1h転換線に上値を抑えられ安値を更新
してくるも、1h雲ねじれ付近の変化日から反転上昇し、
遅行スパン価格付近に推移するなどしっかりと機能する
展開となっております。

 

 

 

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では8h遅行スパン価格沿い周期が継続と
なり下降。ロンドン市場にかけて1h転換線に上値を抑え
られ安値を更新してくるも、NY市場では1h雲ねじれ付近
の変化日から反転上昇し、遅行スパン価格付近に推移す
る展開となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »