Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2022年6月24日本日のドル円相場分析

calendar



 

 

 



 

先日の東京市場では株価動向をにらみながら136円を
挟んだ方向感のない動きが続いていたが、仲値通過以
降は断続的にドル売りが持ち込まれると次第に弱含み
、原油先物価格が軟調に推移したことでクロス円が下
落したことにつれたほか、一部通信社のインタビュー
で中尾元財務官が、「為替介入の可能性は排除できな
い」と話したことも材料視され、昨日安値の135.69円
を割り込んで135.13円まで売り込まれる。一方、節目
の135円を前に押し目買いが入ると135.80円台まで切
り返し、ロンドン市場にかけて欧州各国の弱い購買担
当者景気指数(PMI)を受けたリスクセンチメントの悪
化が米10年債利回りの動向にも波及。一時3.08%台へ
低下。米金利低下・ドル売りとリスク回避の円買いも
重なり、ドル安・円高が進行。ユーロドルの下落一服
による対ユーロでのドルの戻りの重さもあって、ドル
円は135.25円前後まで軟化。NY市場では前週分の米新
規失業保険申請件数や6月米製造業・サービス部門・総
合PMI速報値が予想より弱い内容となったことを受けて
、米長期金利の低下とともに円買い・ドル売りが活発
化し一時134.27円と日通し安値を付ける。そのあとは
米長期金利が低下幅を縮めたことでドル円にも買い戻
しが入り、134.99円付近まで下げ渋る展開。

 

 

そんな中テクニカルではマルチタイム各計算値に上値を抑
えられ4h遅行スパン価格沿い周期で雲ねじれに向かって騰
落をしながら下降。1h雲、8h転換線を下抜け基準線に向か
って下降し、4h8h遅行スパン価格付近に推移する展開とな
っております。

 

 

引き続きマルチタイム転換線、基準線、雲、遅行スパン周期
に注目して、1hh遅行スパン価格沿い周期でこのまま下降の
流れが継続してくるのか、4h8h遅行スパン価格付近に下支え
られ反転上昇してくるのか、マルチタイムのレジサポを合わ
せてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

株価動向をにらみながら136円を挟んだ方向感のない
動きが続いていたが、仲値通過以降は断続的にドル
売りが持ち込まれると次第に弱含み、原油先物価格
が軟調に推移したことでクロス円が下落したことに
つれたほか、一部通信社のインタビューで中尾元財
務官が、「為替介入の可能性は排除できない」と話
したことも材料視され、昨日安値の135.69円を割り
込んで135.13円まで売り込まれる。一方、節目の13
5円を前に押し目買いが入ると135.80円台まで切り返
す。

 

–ロンドン市場–

欧州各国の弱い購買担当者景気指数(PMI)を受けたリ
スクセンチメントの悪化が米10年債利回りの動向にも
波及。一時3.08%台へ低下した。米金利低下・ドル売
りとリスク回避の円買いも重なり、ドル安・円高が進
行。ユーロドルの下落一服による対ユーロでのドルの
戻りの重さもあって、ドル円は135.25円前後まで軟化。
ただ、米10年債利回りが3.12%台を回復すると、ドル円
も下落幅を縮小する。

 

–NY市場–

前週分の米新規失業保険申請件数や6月米製造業・サービス
部門・総合PMI速報値が予想より弱い内容となったことを受
けて、米長期金利の低下とともに円買い・ドル売りが活発化
し一時134.27円と日通し安値を付ける。そのあとは米長期金
利が低下幅を縮めたことでドル円にも買い戻しが入り、134.
99円付近まで下げ渋る。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議
長が米下院金融サービス委員会で「インフレ抑制に向け、無
条件で取り組む」と表明したほか、ボウマンFRB理事が「7月
会合で0.75%利上げを実施し、その後数回の会合で少なくと
も0.50%利上げを実施することが適切となる可能性がある」
と発言したことも相場を下支えした。

 

 

 

 

 

そんな中テクニカルではマルチタイム各計算値に上値を抑
えられ4h遅行スパン価格沿い周期で雲ねじれに向かって騰
落をしながら下降。1h雲、8h転換線を下抜け基準線に向か
って下降し、4h8h遅行スパン価格付近に推移するなどしっ
かりと機能する展開となっております。

 

 

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場ではマルチタイム各計算値に上値を抑えられ
4h遅行スパン価格沿い周期で雲ねじれに向かって騰落をしな
がら下降。ロンドン市場からNY市場にかけて1h雲、8h転換線
を下抜け基準線に向かって下降し、4h8h遅行スパン価格付近
に推移する展開となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »