Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2022年5月26日本日のドル円相場分析

calendar



 

 

 



 

先日の東京市場では序盤に126.66円まで下落したものの、ゴ
トー日とあって本邦実需勢から買いが観測されると次第に下
値を切り上げ、時間外の米10年債利回りが上昇したことも支
えに一時127.22円まで買い上げられる。だたショートカバー
が一巡すると次第に上値が重くなるなど127円を挟んでの一進
一退。ロンドン市場にかけてユーロ円が売り込まれた場面では
126.95ドル付近までつれ安となったが、下値の堅さを確認する
と再び127.10円台まで反発しNY市場にかけて市場予想を下回っ
た4月米耐久財受注額の発表直後こそ126.80円付近まで弱含んだ
ものの、その後は徐々に下値を切り上げ、米10年債利回りが2.
70%台から2.76%台まで上昇すると一時127.50円の高値まで反
発する展開。

 

 

そんな中テクニカルでは、週足転換線付近をとポートに騰落
をしながら日足遅行スパン価格沿い周期で上昇し、1h雲を上
抜け8h転換線付近に推移する展開となっております。

 

 

引き続きマルチタイム転換線、基準線、雲、遅行スパン周期
に注目して、日足基準線を下抜け下降してきた流れが継続と
なり4h遅行スパン価格沿い周期で下降してくるのか、週足転
換線付近をサポートに上昇の流れが継続してくるのかマルチ
タイムのレジサポを合わせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

序盤に126.66円まで下落したものの、ゴトー日とあって本邦
実需勢から買いが観測されると次第に下値を切り上げ、時間
外の米10年債利回りが上昇したことも支えに一時127.22円ま
で買い上げられる。だたショートカバーが一巡すると次第に
上値が重くなるなど127円を挟んで一進一退の動きとなる。

 

–ロンドン市場–

ユーロ円が売り込まれた場面では126.95ドル付近までつれ安
となったが、下値の堅さを確認すると再び127.10円台まで反
発する。

 

–NY市場–

市場予想を下回った4月米耐久財受注額の発表直後こそ126.80
円付近まで弱含んだものの、その後は徐々に下値を切り上げ
、米10年債利回りが2.70%台から2.76%台まで上昇すると一
時127.50円の高値まで反発。安く始まった米国株式相場が持
ち直したことで、投資家のリスク志向改善を意識した買いも
入る。なお、5月3日-4日分の米連邦公開市場委員会(FOMC)
議事要旨では「大半の参加者が次回以降2回の50bp利上げを支
持」「FRBは迅速に中立金利水準に移行する必要がある」など
が明らかになったが、総じてパウエル米連邦準備理事会(FRB
)議長がFOMC会合後の記者会見で述べていた内容と近く、新
味に乏しかったとの判断から相場への影響は限られた。

 

 

 

 

 

そんな中テクニカルでは、週足転換線付近をとポートに騰落
をしながら日足遅行スパン価格沿い周期で上昇し、1h雲を上
抜け8h転換線付近に推移するなどしっかりと機能する展開と
なっております。

 

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では週足転換線付近をとポートに騰落をし
ながら日足遅行スパン価格沿い周期で上昇し、ロンドン市
場からNY市場にかけて1h雲を上抜け8h転換線付近に推移す
る展開となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »