Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2022年3月7日本日のドル円相場分析

calendar



 

 

 



 

先日の東京市場ではロシア軍によるウクライナ原子力
発電所攻撃を受けて円高が進むと、一時115.26円まで
値を下げるも、被害がそれほど深刻ではないと伝わる
と115.55円まで切り返し、その後も底堅く推移。その
後ロンドン市場にかけて値動き自体は鈍いが、ユーロ
円主導の円買い圧力に押され、NY市場ではウクライナ
情勢の一段の緊迫化が投資家心理を冷やし、欧州株中
心に株価が下落。リスク・オフの円買いが優勢となり
、一時114.65円と2月24日以来の安値を付ける展開。

 

 

そんな中テクニカルでは4h遅行スパン価格沿い周期で
騰落をしながら推移後、日足遅行スパン価格沿い周期
が継続となり下降、1h雲を下抜け日足雲付近まで下降
する展開となっております。

 

 

引き続きマルチタイム前回高値圏、転換線基準線、雲、
遅行スパン周期に注目して、日足遅行スパン価格沿い
周期が継続となりこのまま下降してくるのか、週足転
換線をサポートに反転上昇してくるのか、マルチタイ
ムフレームのレジサポを合わせてその方向についてい
きます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

ロシア軍によるウクライナ原子力発電所攻撃を受けて
円高が進むと、一時115.26円まで値を下げる。時間外
の米10年債利回りも一時1.69%台まで急低下。ただ、
現時点で被害がそれほど深刻ではないと伝わると115.
55円まで切り返し、その後も底堅く推移。

 

–ロンドン市場–

値動き自体は鈍いが、ユーロ円主導の円買い圧力に
押される。

 

–NY市場–

ウクライナ情勢の一段の緊迫化が投資家心理を冷や
し、欧州株中心に株価が下落。リスク・オフの円買
いが優勢となり、一時114.65円と2月24日以来の安
値を付ける。米長期金利の低下に伴う円買い・ド
ル売りも入った。なお、米労働省が発表した2月米
雇用統計では非農業部門雇用者数は前月比67.8万
人増と予想の40.0万人増を上回り、失業率は3.8%
と予想の3.9%より強い内容となったが、ウクライ
ナ情勢への警戒感が強く相場への影響は限られた。

 

 

 

そんな中テクニカルでは4h遅行スパン価格沿い周期で
騰落をしながら推移後、日足遅行スパン価格沿い周期
が継続となり下降、1h雲を下抜け日足雲付近まで下降
するなどしっかりて機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では4h遅行スパン価格沿い周期で騰落
をしながら推移後、ロンドン市場からNY市場にかけて
日足遅行スパン価格沿い周期が継続となり下降、1h雲
を下抜け日足雲付近まで下降する展開となっておりま
す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »