Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2022年1月25日本日のドル円相場分析

calendar



 

 

 



 

先日の東京市場では時間外で米株価指数先物が反発
して始まると買いが先行。日経平均株価は一時320円
近く下落したものの、その後は買い戻しが入り午後に
はプラス圏を回復したほか、米株価指数も堅調地合い
を保ったことを支えに一時113.98円まで値を上げる。
一方、節目の114円を前に買いが一服すると、ユーロ
円をはじめとしたクロス円の売りに引きずられる形で
113.70円台まで失速。ロンドン市場にかけて一時113.
47円まで昨年12月20日以来の安値を更新するも、NY市
場では下値を切り上げる。一時は1100ドル超急落した
ダウ平均が急速に買い戻され、プラス圏を回復したこ
とも相場の支援となり、また1.70%台まで低下した米
10年債利回りが1.77%まで上昇したことも意識されて
、114.00円まで値を上げる展開。

 

 

そんな中テクニカルでは週足転換線基準線内騰落から基準
線に向かって騰落をしながら下降してくるも、日足雲下限
付近をサポートに遅行スパン価格沿い周期が継続となり反
転上昇。1h雲付近で騰落をしながら、1h日足雲付近に推移
する展開となっております。

 

 

引き続きマルチタイム転換線基準線雲、遅行スパン周
期に注目して、週足転換線基準線内騰落から基準線に
向かって下降してくるのか、日足遅行スパン価格沿い
周期が継続となりこのまま上昇してくるか、マルチタ
イムフレームのレジサポを合わせてその方向について
いきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

時間外で米株価指数先物が反発して始まると買い
が先行。日経平均株価は一時320円近く下落したも
のの、その後は買い戻しが入り午後にはプラス圏
を回復したほか、米株価指数も堅調地合いを保った
ことを支えに一時113.98円まで値を上げる。一方、
節目の114円を前に買いが一服すると、ユーロ円を
はじめとしたクロス円の売りに引きずられる形で1
13.70円台まで失速。

 

–ロンドン市場–

リスクオフの円買いが優勢となるなか、一時113.
47円まで昨年12月20日以来の安値を更新。米10年
債利回りが1.71%台まで低下幅を拡大したことや
、欧米株価指数のさえない動きが、ドル円の上値
を圧迫する。ただ、リスク回避のドル買いの動き
も見られ、113.70円台まで持ち直す。

 

–NY市場–

欧州時間に一時113.47円と昨年12月20日以来の
安値を付けたものの、売り一巡後はじりじりと
下値を切り上げる。一時は1100ドル超急落した
ダウ平均が急速に買い戻され、プラス圏を回復
したことも相場の支援。1.70%台まで低下した
米10年債利回りが1.77%まで上昇したことも意
識されて、114.00円まで値を上げる。

 

 

 

そんな中テクニカルでは週足転換線基準線内騰落から基準
線に向かって騰落をしながら下降してくるも、日足雲下限
付近をサポートに遅行スパン価格沿い周期が継続となり反
転上昇。1h雲付近で騰落をしながら、1h日足雲付近に推移
するなどしっかりと機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では日足遅行スパン価格沿い周期が継続
となり上昇してくるも、ロンドン市場にかけて週足転換
線基準線内騰落から基準線に向かって騰落をしながら下
降。NY市場では日足雲下限付近をサポートに遅行スパン
価格沿い周期が継続となり反転上昇し、1h雲付近で騰落
をしながら、1h日足雲付近に推移する展開となっており
ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »