Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2021年4月20日本日のドル円相場分析

calendar



 

 

 



 

先日の東京市場では先週末に日米首脳が共同声明を発表し、
合意文書の中で52年ぶりに台湾が明記されたことを受けて
中国側が強い反発を示したため、日米中の関係悪化懸念か
ら時間外のダウ先物が下落。リスクオフでクロス円が売ら
れたほか、米10年債利回りが低下したことも重しとなり、
15日・16日安値の108.61円を下抜けて108.55円まで下げ足
を速めロンドン市場にかけても地合い弱いまま、先月5日
以来の安値となる108.01円まで下押し。ただ厚めの買いが
観測される108.00円を前に下げ止まり、NY市場にかけて10
8.31円付近まで下げ渋る。ただ、買い戻しはあくまでポジ
ション調整の域を出ず長続きしなかった。24時過ぎには再
び108.01円に面合わせする展開。

 

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン価格沿い周期から
雲に上値を抑えられる形で下降トレンドに再突入し安値
を更新。月足雲下抜けからの下降の流れが継続となり8h
遅行スパン雲上限から雲下限に向かって下降、遅行スパ
ン雲下限、108円キリ番、週足転換線付近に下支えられ
ながら推移する展開となっております。

 

 

引き続き8h遅行スパン雲下限、週足転換線、1018円キリ
番ラインに注目して、このまま下降トレンドが継続して
くるのか、8h遅行スパン雲下限のサポートから雲沿い周
期で上昇してくるのか、マルチタイムのレジサポを合わ
せてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

先週末に日米首脳が共同声明を発表し、合意文書の中で52年
ぶりに台湾が明記されたことを受けて中国側が強い反発を示
したため、日米中の関係悪化懸念から時間外のダウ先物が下
落。リスクオフでクロス円が売られたほか、米10年債利回り
が低下したことも重しとなり、15日・16日安値の108.61円を
下抜けて108.55円まで下げ足を速める。一巡後は108.68円付
近まで下げ渋る。

 

–ロンドン市場–

地合い弱いまま、先月5日以来の安値となる108.01円まで下
押し。ただ厚めの買いが観測される108.00円を前に下げ止ま
り、じり高となるクロス円と共に一時108.19円付近まで下値
を切り上げる。

 

–NY市場–

欧州序盤に一時108.01円と3月5日以来の安値を付けたあとは、108.00円に観測されているまとまった規模の買いオーダーに
下値を支えられて108.31円付近まで下げ渋る。米長期金利が
上昇に転じたことも相場の下支え要因。ただ、買い戻しはあ
くまでポジション調整の域を出ず長続きしなかった。24時過
ぎには再び108.01円に面合わせする。ただNY時間に限れば値
幅30銭程度のレンジ取引に終始。本日は主要な米経済指標の
発表もなく、新規の手掛かり材料に乏しかったため大きな方
向感は出なかった。

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン価格沿い周期から
雲に上値を抑えられる形で下降トレンドに再突入し安値
を更新。月足雲下抜けからの下降の流れが継続となり8h
遅行スパン雲上限から雲下限に向かって下降、遅行スパ
ン雲下限、108円キリ番、週足転換線付近に下支えられ
ながら推移するなどしっかりと機能する展開となってお
ります。

 

 

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h遅行スパン価格沿い周期から雲に
上値を抑えられる形で下降トレンドに再突入し安値
を更新。ロンドン市場にかけて月足雲下抜けからの下降
の流れが継続となり8h遅行スパン雲上限から雲下限に向
かって下降、NY市場では遅行スパン雲下限、108円キリ番
、週足転換線付近に下支えられながら推移する展開とな
っております。

 

 

 

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »