Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2021年3月24日本日のドル円相場分析

calendar

reload



 

 

 



 

先日の東京市場では仲値にかけては買いが観測され、一時
108.87円まで上昇する場面があったものの、その後はクロ
ス円の下落につれて108.69円まで反落。売り一巡後も戻り
は限られ、ロンドン市場にかけてクロス円の下落につれて
売りが先行。米長期金利の低下も相場の重しとなり、アジ
ア時間までの安値108.68円を下抜けると売りが加速。昨日
安値の108.51円を下抜けて一時108.41円まで値を下げる展
開。その後NY市場では米国株安に伴うリスク・オフのドル
買いが優勢となり108.76円付近まで下げ渋るも、クロス円
が下落した影響も受けたため、引けにかけては再び上値が
重くなる展開。

 

 

そんな中テクニカルでは日足転換線、8h基準線に上値を抑え
られる形と1h遅行スパン価格沿い周期で騰落をしながら下降。
月足遅行スパン価格もレジスタンスとなり騰落をしながら4h
雲を下抜け、8h遅行スパン価格沿い周期で推移する展開とな
っております。

 

 

引き続き8h雲、遅行スパン価格位置と、月足遅行スパン価格
位置に注目して、8h遅行スパン価格雲沿い周期で反転上昇し
てくるのか、月足遅行スパン価格のレジスタンスが機能する
形で下降の流れが継続してくるのかバイアスなしにその方向
についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

仲値にかけては買いが観測され、一時108.87円まで上昇する
場面があったものの、その後はクロス円の下落につれて108.
69円まで反落。売り一巡後も戻りは限られる。

 

–ロンドン市場–

クロス円の下落につれて売りが先行。米長期金利の低下
も相場の重しとなり、アジア時間までの安値108.68円を
下抜けると売りが加速。昨日安値の108.51円を下抜けて
一時108.41円まで値を下げる。

 

–NY市場–

米国株安に伴うリスク・オフのドル買いが優勢となり
108.76円付近まで下げ渋るも、クロス円が下落した影
響も受けたため、引けにかけては再び上値が重くなる。
米10年債利回りが一時1.6136%前後まで低下したこと
も相場の重し。

 

そんな中テクニカルでは日足転換線、8h基準線に上値を抑え
られる形と1h遅行スパン価格沿い周期で騰落をしながら下降。
月足遅行スパン価格もレジスタンスとなり騰落をしながら4h
雲を下抜け、8h遅行スパン価格沿い周期で推移するなどしっ
かりと機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では日足転換線、8h基準線に上値を抑えられ
る形と1h遅行スパン価格沿い周期で騰落をしながら下降。ロン
ドン市場からNY市場にかけて月足遅行スパン価格もレジスタン
スとなり騰落をしながら4h雲を下抜け下降、8h遅行スパン価格
沿い周期で推移する展開となっております。

 

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »