Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2021年1月22日本日のドル円相場分析

calendar



 

先日の東京市場では日経平均株価が一時320円超高まで上昇
したことを背景にクロス円が買われたためつれる形で103.6
7円まで値を上げるも、一巡後は全般ドル売りが優勢となっ
た影響から103.33円まで売られロンドン市場にかけて対欧州
通貨を中心にドル売り圧力が高まった影響から103.30円台ま
で一時下押しする展開。その後NY市場では米新規失業保険申
請件数や1月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数、12月
米住宅着工件数が予想より良好な内容だったことが分かると
、円売り・ドル買いが優勢となり、一時103.66円付近まで値
を上げる。ただ、アジア時間に付けた日通し高値103.67円を
上抜けることは出来ず、NY午後に入ると、新規材料難から様
子見ムードが広がり103円台半ばで値動きが鈍る展開。

 

そんな中テクニカルでは日足遅行スパン価格沿い周期が
継続となり、1h転換線に上値を抑えられる形で8h雲ねじ
れに向かって下降し、4h雲、日足基準線を下抜けてくる
も、4h遅行スパン雲付近のサポートから価格雲、日足基
準線に戻される形で上昇、1h遅行スパン価格沿い周期で
推移する展開となっております。

 

引き続き、日足転換線基準線とマルチタイム遅行スパ
ン周期に注目して、1h遅行スパン価格沿い周期が継続
となりこのまま下降してくるか、日足転換線基準線内
騰落から転換線に向かって上昇してくるのか、マルチ
タイムのレジサポを合わせてその方向についていきま
す。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

日経平均株価が一時320円超高まで上昇したことを背景
にクロス円が買われたためつれる形で103.67円まで値
を上げるも、一巡後は全般ドル売りが優勢となった影響
から103.33円まで売られる。なお、日銀は金融政策決定
会合で現行の政策を維持することを決定。また、貸出増
加支援と成長基盤強化支援の資金供給について、貸付実
行期限を1年間延長することを決めたが、特段サプライ
ズはなく相場の反応は極めて限定的。

 

–ロンドン市場–

対欧州通貨を中心にドル売り圧力が高まった影響から
103.30円台まで一時下押しする。

 

–NY市場–

一時103.33円と7日以来の安値を付けたものの、米新規失業
保険申請件数や1月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数
、12月米住宅着工件数が予想より良好な内容だったことが
分かると、円売り・ドル買いが優勢となり、一時103.66円付
近まで値を上げる。ただ、アジア時間に付けた日通し高値10
3.67円を上抜けることは出来ず、NY午後に入ると、新規材料
難から様子見ムードが広がり103円台半ばで値動きが鈍る。
なお、次期財務長官に指名されているジャネット・イエレン
氏は「為替操作の問題はバイデン大統領とともに取り組む」
「対中関税については同盟国の意見を聞かずに変更すること
はない」などと述べたが、相場の反応は限られる。

 

そんな中テクニカルでは日足遅行スパン価格沿い周期が
継続となり、1h転換線に上値を抑えられる形で8h雲ねじ
れに向かって下降し、4h雲、日足基準線を下抜けてくる
も、4h遅行スパン雲付近のサポートから価格雲、日足基
準線に戻される形で上昇、1h遅行スパン価格沿い周期で
推移するなどしっかりと機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では日足遅行スパン価格沿い周期が継続
となり、1h転換線に上値を抑えられる形で8h雲ねじれに
向かって下降し、4h雲、日足基準線を下抜けてくるも、
ロンドン市場からNY市場にかけて4h遅行スパン雲付近の
サポートから価格雲、日足基準線に戻される形で上昇、
1h遅行スパン価格沿い周期で推移する展開となっており
ます。

 

 

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

 

海外FXランキング

——————————————————-



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »