Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年4月30日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

先日の東京市場では休場ということもあって全般に動意を
欠くなか、111.60円を挟んだ水準で方向感が出ず、ロンド
ン市場ではダウ先物が再びマイナス圏に沈み、米10年債利
回りが2.51%台で上昇が一服し、111.78円を頭に111.70円
近辺でこう着。NY市場では予想を上回る3月米PCEを受け
て円売り・ドル買いが先行一時111.90円と日通し高値を付
けるも、節目の112.00円や前週末の高値112.03円が目先レ
ジスタンスとして意識されると徐々に上値が重くなり、ユ
ーロドルの上昇をきっかけに全般ドル売りが強まった影響
を受けて、一時111.64円付近まで下押しする展開となって
おります。

 

そんな中テクニカルでは8h雲、23.6%、遅行スパン転換線基準線、
4h雲下限、遅行スパン雲のサポートから1h遅行スパン価格沿い周
期で上昇、50%半値ライン雲上限、4h基準線、遅行スパン基準線
、8h基準線、S点、日足転換線のレジスタンスから下降、1h遅行
スパン価格沿い周期で4h雲に戻される形で下降し、1h遅行スパン
価格沿い周期で雲下限、4h雲下限付近に推移する展開となってお
ります。

 

引き続き1h遅行スパン価格沿い周期に注目しながら、4h8h雲の
サポートが機能してくるのか、週足雲のレジスタンスからの下
降の流れが継続してくるのか、4h8h雲、マルチタイムのレジサ
ポ、遅行スパン周期を合わせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場– (休場)

東京市場が休場ということもあって全般に動意を
欠くなか、111.60円を挟んだ水準で方向感が出な
い展開。

 

–ロンドン市場–

ダウ先物が再びマイナス圏に沈み、米10年債利回りが
2.51%台で上昇が一服し、111.78円を頭に111.70円近
辺でこう着。足もとでは112円台に並んでいる売りオー
ダーをこなせる手がかりが乏しい。

 

–NY市場–

予想を上回る3月米PCEを受けて円売り・ドル買いが先行
一時111.90円と日通し高値を付けるも、節目の112.00円や
前週末の高値112.03円が目先レジスタンスとして意識され
ると徐々に上値が重くなり、ユーロドルの上昇をきっかけに
全般ドル売りが強まった影響を受けて、一時111.64円付近ま
で下押し、市場では「112円台には大型連休を迎えた本邦実
需勢の売りが観測されている」との指摘もある。

 

そんな中テクニカルでは8h雲、23.6%、遅行スパン転換線基準線、
4h雲下限、遅行スパン雲のサポートから1h遅行スパン価格沿い周
期で上昇、50%半値ライン雲上限、4h基準線、遅行スパン基準線
、8h基準線、S点、日足転換線のレジスタンスから下降、1h遅行
スパン価格沿い周期で4h雲に戻される形で下降し、1h遅行スパン
価格沿い周期で雲下限、4h雲下限付近に推移するなどしっかりと
機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では遅行スパン価格沿い周期が継続となり
転換線に下支えられながら雲に突入し上昇、その後NY市場
にかけても遅行スパン価格沿い周期が継続となり上昇する
も、雲上限、50%半値ライン、4h基準線、遅行スパン基準
線、8h基準線、S点、日足転換線のレジスタンスから反転下
降、遅行スパン価格沿い周期も継続となり下降し遅行スパン
価格沿い周期で雲下限付近に推移しP波動に収束する展開と
なっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »