Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2020年6月25日本日のドル円相場分析

calendar

reload



 

先日の東京市場では序盤に106.39円まで下げる場面があ
ったが、小安く始まった日経平均株価が持ち直したこと
で106.64円まで買い戻しが入る一方、その後は106円台半
ばでの推移が続くなど総じて動きは鈍く、ロンドン市場
にかけては株安でクロス円が売られた場面では106.40円
台まで下げるも動きは依然として緩慢。NY市場では新型
コロナ感染再拡大や米欧の貿易摩擦の激化懸念を背景に
、投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全通貨とされる
ドルを買う動きが広がり、一時107.07円と日通し高値を
付ける展開。

 

そんな中テクニカルでは8h遅行スパン価格沿い周期が継
続となり、週足基準線、月足転換線がサポートして機能
する形で日足雲ねじれに向かって上昇、1h雲ねじれをク
ロス上抜け4h雲に上値を抑えられる形で雲、遅行スパン
価格付近に推移する展開となっております。

 

引き続き、4h8h遅行スパン価格沿い周期と、4h雲、107
円キリ番位置に注目して、4h雲に上値を抑えれる形で
再び月足転換線に向かって下降してくるのか、8h日足
遅行スパン価格沿い周期から月足基準線に向かって上昇
してくるのか、マルチタイムのレジサポを合わせてその
方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

序盤に106.39円まで下げる場面があったが、小安く始ま
った日経平均株価が持ち直したことで106.64円まで買い
戻しが入る。一方、その後は106円台半ばでの推移が続く
など総じて動きは鈍く、市場では昨日のNY市場での急落に
ついてソフトバンクによる円転(円買い・ドル売り)との
思惑が出ている一方で、米系ファンドがまとまった売りを
持ち込んだとの指摘もあり、本日の海外市場でも警戒感が
高まっている。

 

–ロンドン市場–

株安でクロス円が売られた場面では106.40円台まで下げた
が、動きは依然として緩慢。

 

–NY市場–

新型コロナ感染再拡大や米欧の貿易摩擦の激化懸念を背景
に、投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全通貨とされる
ドルを買う動きが広がり、一時107.07円と日通し高値を付
ける。国際通貨基金(IMF)が2020年の世界経済成長見通し
を4月の▲3.0%から▲4.9%へ大幅に下方修正したことも投
資家心理の悪化につながる。
なお、米国では全米50州のうち半分以上の州で感染拡大が
報告されており、市場では経済活動が再び停滞することへ
の懸念が広がっている。ニューヨーク、ニュージャージー
、コネティカットの3州は新型コロナの感染率の高い州か
らの訪問者に対し、14日間の隔離を求める勧告を出すと発
表した。

 

そんな中テクニカルでは8h遅行スパン価格沿い周期が継
続となり、週足基準線、月足転換線がサポートして機能
する形で日足雲ねじれに向かって上昇、1h雲ねじれをク
ロス上抜け4h雲に上値を抑えられる形で雲、遅行スパン
価格付近に推移するなどしっかりと機能する展開となっ
ております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h転換線基準線付近で推移して
くるもロンドン市場からNY市場にかけて8h遅行スパ
ン価格沿い周期が継続となり、週足基準線、月足転
換線がサポートして機能する形で日足雲ねじれに向
かって上昇、1h雲ねじれをクロス上抜け4h雲に上値
を抑えられる形で雲、遅行スパン価格付近に推移す
る展開となっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

Amazonプライムビデオチャンネルは
こちら↓
https://www.amazon.com/v/TraderK

 

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »