Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2020年6月22日本日のドル円相場分析

calendar

reload



 

先日の東京市場では朝方に一時107.06円まで上昇したもの
の、昨日高値の107.13円をバックに戻り売りが散見される
。しばらくは106.90円前後でのもみあいが続いていたが、
欧州勢が参入し始めると対欧州通貨を中心にドル売りに傾
いた影響から106.79円までじり安。一方、さらに売り込む
動きともならず、一巡後は106.90円台まで持ち直す展開。
ロンドン市場にかけては動意に乏しく、ポンド円やユーロ
円など、クロス円の円買いもあって若干上値が重く、NY市
場にかけては対ユーロなどでドル売りが強まった場面では
106.77円まで下げたものの、ロンドン・フィキシングにか
けてドルの買い戻しが進むと107.05円付近まで反発。ただ
ダウ平均がさえない動きとなったこともあり、その後は再
び106.80円台まで押し戻され、106.90円を挟んだ狭いレン
ジ内推移に終始する展開。

 

そんな中テクニカルでは月足転換線をサポートに、1h
雲下限に上値を抑えられ、遅行スパン価格沿い周期で
騰落をしながら推移。日足遅行スパン価格付近から雲
中に推移する展開となっております。

 

引き続き、日足遅行スパン価格沿い周期と雲位置に注目
して、月足転換線のサポートから反転上昇してくるのか
、1h下降トレンドに再突入から日足雲下限に向かって下
降してくるのか、マルチタイムのレジサポを合わせて1h
安値の騰落から抜けを狙いその方向についてきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

朝方に一時107.06円まで上昇したものの、昨日高値の107.
13円をバックに戻り売りが散見される。しばらくは106.90
円前後でのもみあいが続いていたが、欧州勢が参入し始め
ると対欧州通貨を中心にドル売りに傾いた影響から106.79
円までじり安となった。一方、さらに売り込む動きともな
らず、一巡後は106.90円台まで持ち直す。

 

–ロンドン市場–

動意に乏しく、ポンド円やユーロ円など、クロス円の円買
いもあって若干上値が重い。

 

–NY市場–

対ユーロなどでドル売りが強まった場面では106.77円まで
下げたものの、ロンドン・フィキシングにかけてドルの買
い戻しが進むと107.05円付近まで反発。ただダウ平均がさ
えない動きとなったこともあり、その後は再び106.80円台
まで押し戻され、106.90円を挟んだ狭いレンジ内推移に終
始。

 

そんな中テクニカルでは月足転換線をサポートに、1h
雲下限に上値を抑えられ、遅行スパン価格沿い周期で
騰落をしながら推移。日足遅行スパン価格付近から雲
中に推移するなどしっかりと機能する展開となってお
ります。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では月足転換線をサポートに、1h雲下
限に上値を抑えられ、遅行スパン価格沿い周期で騰落
をしながら推移。ロンドン市場からNY市場にかけて日足
遅行スパン価格付近から雲中に推移する展開となってお
ります。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

 

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

 

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

Amazonプライムビデオチャンネルは
こちら↓
https://www.amazon.com/v/TraderK

 

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »