Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2020年1月24日本日のドル円相場分析

calendar

reload



先日の東京市場では新型コロナウイルス感染拡大への懸念
は根強く、朝方から時間外のダウ先物が下落して始まると
仕掛け的な売りが持ち込まれ、一旦は本邦輸入企業からの
買いが観測されて下げ渋る場面があったが、中国・香港株
式相場が開始され、株価が大幅に下落すると戻り売りが優
勢となり一時109.53円まで下押し、ロンドン市場にかけて
欧州株や米株先物がアジア市場の流れを引き継いでマイナ
ス推移しクロス円の上値が重いなか、ドル円も円高傾向を
維持する展開。NY市場ではラガルドECB総裁の会見をきっか
けにユーロ円が下落するとドル円にも売りが先行。新型肺
炎の感染拡大への懸念を背景に世界で株安傾向となり、投
資家がリスク回避姿勢を強めたことも円買い・ドル売りを
誘い、一時109.27円と9日以来の安値を付ける。ただ、売り
一巡後は下げ渋る展開に。WHOが新型コロナウイルスによる
肺炎について「緊急事態宣言」を見送ったことが買い戻しを
誘い、ダウ平均が一時的にプラス圏を回復したことも相場の
下支え要因となり、109.54円付近まで上げる展開。

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン価格沿い周期から下降の
流れが継続となり転換線、基準線に上値を抑えられ波動を右に
出て安値を更新、1h下降トレンドに突入し週足雲に突入してく
るも、4h8h上昇フィボ38.2%、日足61.8%、週足遅行スパン価格
のサポートから上昇、日足遅行スパン価格、週足50%、月足基準
線付近に推移する展開となっております。

 

引き続き下降流れが継続し月足基準線に戻される形で下降し
てくるのか、4h8h上昇フィボ38.2%、日足618%のサポートから
4h遅行スパン雲沿い周期で上昇してくるのか、マルチタイム
のレジサポを合わせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

新型コロナウイルス感染拡大への懸念は根強く、朝方から
時間外のダウ先物が下落して始まると仕掛け的な売りが持
ち込まれる。本邦輸入企業からの買いが観測されて下げ
渋る場面があったが、中国・香港株式相場が開始され、株
価が大幅に下落すると戻り売りが優勢となり、午後には一
時109.53円まで下押しする。

 

–ロンドン市場–

欧州株や米株先物がアジア市場の流れを引き継いで
マイナス推移。クロス円の上値が重いなか、ドル円
も円高傾向を維持。

 

–NY市場–

ラガルドECB総裁の会見をきっかけにユーロ円が下落す
るとドル円にも売りが先行。新型肺炎の感染拡大への懸
念を背景に世界で株安傾向となり、投資家がリスク回避
姿勢を強めたことも円買い・ドル売りを誘い、一時109.
27円と9日以来の安値を付ける。なお、ダウ平均は一時2
10ドル超下落したほか、ナイト・セッションの日経平均
先物は150円下げた。また、米10年債利回りは一時1.7117
%前後まで低下する場面ある。ただ、売り一巡後は下げ
渋る展開に。WHOが新型コロナウイルスによる肺炎につ
いて「緊急事態宣言」を見送ったことが買い戻しを誘
った。ダウ平均が一時的にプラス圏を回復したことも
相場の下支え要因となり、109.54円付近まで上げる。

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン価格沿い周期から下降の
流れが継続となり転換線、基準線に上値を抑えられ波動を右に
出て安値を更新、1h下降トレンドに突入し週足雲に突入してく
るも、4h8h上昇フィボ38.2%、日足61.8%、週足遅行スパン価格
のサポートから上昇、日足遅行スパン価格、週足50%、月足基準
線付近に推移するなどしっかりと機能する展開となっておりま
す。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h遅行スパン価格沿い周期から下降の流れ
が継続となり転換線、基準線に上値を抑えられ波動を右に出て
安値を更新、NY市場にかけて1h下降トレンドに突入し週足雲に
突入してくるも、4h8h上昇フィボ38.2%、日足61.8%、週足遅行
スパン価格のサポートから上昇、日足遅行スパン価格、週足50
%、月足基準線付近に推移する展開となっております。

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

Trader.Kラジオ番組は
こちら↓
https://radiotalk.jp/program/37188

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »