Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2020年1月16日本日のドル円相場分析

calendar

reload



先日の東京市場では関税を巡る米中問題は根深いとの見方から
売りが先行し、昨日安値の109.86円を下抜けて109.82円まで値
を下げる。ただ本邦実需勢の買いが観測されるとすぐに109.90
円台まで反発。ロンドン市場にかけては「米国が現在中国から
の輸入品に課している関税は11月の大統領選後まで維持される
可能性が高い」との材料を織り込んだ水準ながら、今夜の米中
貿易協議「第1段階合意」署名の調印式を待つ様相となり、下押
し水準でもみ合いとなり、NY市場では12月米PPIが前月比0.1%
上昇と予想の0.2%上昇を下回ったことで円買い・ドル売りが先
行。食品とエネルギーを除くコア指数が前月比0.1%上昇と予想
の0.2%上昇を下回ったことも相場の重しとなり、一時109.79円
と日通し安値を付ける。ただ、小安く始まった米国株相場が持ち
直すとドル円にも買い戻しが入り110.00円付近まで値を上げた。
なお、40ドル超安で始まったダウ平均は「米政府は今年減税など
の財政刺激策を検討している」との一部報道を好感した買いが入
り一時180ドル超上昇。東京時間に付けた日通し高値110.01円を
上抜けることは出来ず、NY時間の値幅は21銭程度に留まる展開と
なっております。

そんな中テクニカルでは110円キリ番付近から週足前回実体高値
圏に上値を抑えられ再び109円台に戻される形で下降してくるも
、1h雲下限、8h転換線、日足S点、週足雲付近のサポートから上
昇。4h転換線に上値を抑えられ、1h雲中騰落と遅行スパン価格
沿い周期で推移する展開。

引き続き1h遅行スパン価格沿い周期と雲位置、4h転換線基準線
位置に注目して、高値圏の中間波動から抜けを狙いその方向に
ついていきます。

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

関税を巡る米中問題は根深いとの見方から売りが先行し、
昨日安値の109.86円を下抜けて109.82円まで値を下げる。
ただ本邦実需勢の買いが観測されるとすぐに109.90円台ま
で反発。日経平均株価は一時150円近く下げるなどさえな
い動きとなったが、その後のドル円は動きが鈍い。

–ロンドン市場–

「米国が現在中国からの輸入品に課している関税は11月の
大統領選後まで維持される可能性が高い」との材料を織り
込んだ水準ながら、今夜の米中貿易協議「第1段階合意」
署名の調印式を待つ様相となり、下押し水準でもみ合い。

–NY市場–

12月米PPIが前月比0.1%上昇と予想の0.2%上昇を下回った
ことで円買い・ドル売りが先行。食品とエネルギーを除くコ
ア指数が前月比0.1%上昇と予想の0.2%上昇を下回ったこと
も相場の重しとなり、一時109.79円と日通し安値を付ける。
ただ、小安く始まった米国株相場が持ち直すとドル円にも買
い戻しが入り110.00円付近まで値を上げた。なお、40ドル超
安で始まったダウ平均は「米政府は今年減税などの財政刺激
策を検討している」との一部報道を好感した買いが入り一時
180ドル超上昇した。もっとも、東京時間に付けた日通し高
値110.01円を上抜けることは出来ず、NY時間の値幅は21銭程
度に留まる。米中両国は日本時間16日未明、ホワイトハウス
で貿易協議「第1段階合意」の文書に署名した。中国が米国
産品の輸入拡大や知的財産権保護などに応じる代わりに、米
国は制裁関税の一部を引き下げる。

そんな中テクニカルでは110円キリ番付近から週足前回実体高値
圏に上値を抑えられ再び109円台に戻される形で下降してくるも
、1h雲下限、8h転換線、日足S点、週足雲付近のサポートから上
昇。4h転換線に上値を抑えられ、1h雲中騰落と遅行スパン価格
沿い周期で推移するなどしっかりと機能する展開。

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では雲沿い周期で上昇するも、110円キリ番付近
から週足前回実体高値圏に上値を抑えられ再び109円台に戻され
る形でNY市場にかけて下降。その後1h雲下限、8h転換線、日足S
点、週足雲付近のサポートから上昇。4h転換線に上値を抑えられ
、1h雲中騰落と遅行スパン価格沿い周期で推移する展開となって
おります。

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »