Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2020年1月8日本日のドル円相場分析

calendar

reload



 

先日の東京市場では日経平均株価が昨日の下落から一転し
て買い戻しの動きが優勢となり、370円超高まで上昇した
ことにつれる形でドル円も強含む展開。午後には一時108
.51円と昨日高値に面合わせするも、ザリーフ・イラン外
相が「米国のソレマイニ司令官への攻撃で世界と米国はよ
り安全ではなくなった」と発言すると108.34円付近まで失
速、ロンドン市場ではクロス円の下落が重しとなった半面
、全般ドル買い圧力が高まった影響も受けたため下値も堅
く、108.40円を挟んだ動き。NY市場では全般ドル買いが進
んだ流れに沿って、底堅く推移。12月米ISM非製造業指数や
11月米製造業新規受注が予想より強い内容となったことを
受けて、1時前に一時108.63円と日通し高値を付ける。取引
終了にかけては「イラクの米軍基地がイランの攻撃を受け
ている」との一部報道が伝わり一時108.35円付近まで売られ
たものの、訓練用サイレンを受けての誤報だったことからす
ぐに持ち直す展開。

(直近9時現在ではイラクにある米軍基地にミサイルが発射さ
れたとの一部報道で再び安値圏を試す)

 

そんな中テクニカルでは日足S点、下降フィボ38.2%付近に
上値を抑えられながら1h雲上限付近に推移してくるも、4h
遅行スパン価格付近に到着すると、1h雲ねじれ付近が変化日
となり下降、日足雲を再び下抜け週足遅行スパン価格沿い周
期で下降し、短期中期下降トレンドに再突入する展開となっ
ております。

 

引き続き短期、中期下降トレンドを追いかけながら、月足
転換線に再び戻される展開も視野にバイアスなしに収束反
転も仕掛けていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

日経平均株価が昨日の下落から一転して買い戻しの動きが
優勢となり、370円超高まで上昇したことにつれる形でド
ル円も強含む展開。午後には一時108.51円と昨日高値に面
合わせする。ただ、15時前にザリーフ・イラン外相が「米
国のソレマイニ司令官への攻撃で世界と米国はより安全で
はなくなった」と発言すると108.34円付近まで失速する場
面があった。

 

–ロンドン市場–

クロス円の下落が重しとなった半面、全般ドル買い圧力が
高まった影響も受けたため下値も堅く、108.40円を挟んだ
動きとなる。

 

–NY市場–

全般ドル買いが進んだ流れに沿って、底堅く推移。12月米
ISM非製造業指数や11月米製造業新規受注が予想より強い
内容となったことを受けて、1時前に一時108.63円と日通
し高値を付ける。取引終了にかけては「イラクの米軍基地
がイランの攻撃を受けている」との一部報道が伝わり一時
108.35円付近まで売られたものの、訓練用サイレンを受け
ての誤報だったことからすぐに持ち直す。

 

そんな中テクニカルでは日足S点、下降フィボ38.2%付近に
上値を抑えられながら1h雲上限付近に推移してくるも、4h
遅行スパン価格付近に到着すると、1h雲ねじれ付近が変化日
となり下降、日足雲を再び下抜け週足遅行スパン価格沿い周
期で下降し、短期中期下降トレンドに再突入するなどしっか
りと機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では日足S点、下降フィボ38.2%付近に上値を
抑えられながらNY市場にかけて1h雲上限付近に推移してくる
も、日付が変わり4h遅行スパン価格付近に到着すると、1h雲
ねじれ付近が変化日となり下降、日足雲を再び下抜け週足遅
行スパン価格沿い周期で下降し、短期中期下降トレンドに再
突入する展開となっております。

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »