Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年12月12日本日のドル円相場分析

calendar

reload



 

先日の東京市場では朝方に108.85円まで小幅に上げたが、ナバ
ロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)が「12月の対中制裁関
税が実行されない兆候はない」「我々が合意するのは中国次第
」と発言すると108.67円まで失速。その後はロンドン市場にか
けて時間外の米10年債利回りが低下基調を続けるなか、一時10
8.66円と本日安値をわずかに更新するも、今晩のFOMC結果公表
を控えて動きは緩慢。NY市場では米金融イベントを控えてしば
らくは狭いレンジでの値動きが続いていたが、FOMC声明文から
「不確実性」との文言が削除されたことが分かると瞬間的にド
ル買いで反応。一時108.77円付近まで上げる。ただ、FOMC参加
者の政策金利見通し(ドットチャート)で来年の金利据え置き
が示されたほか、パウエルFRB議長が「物価の持続的な上昇を
確認するまでは利上げの可能性は低い」と述べるとドル売りが
優勢となり一時108.47円と日通し安値を付ける展開となってお
ります。

 

そんな中テクニカルでは、1h4h遅行スパン価格沿い周期
が継続する形で上昇するも、週足50%転換線、日足4h遅行
スパン価格のレジスタンスから、4h遅行スパン価格沿い
周期が継続となり下降、1h雲ねじれをクロス下抜け、月
足転換線、安値圏で推移する展開となっております。

 

引き続き4h、日足、週足遅行スパン価格沿い周期に注目
して、1h雲ねじれを中心に騰落のもみ合いも視野に、マ
ルチタイムのレジサポをあ合わせてその方向についてい
きます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

朝方に108.85円まで小幅に上げたが、ナバロ米大統領補佐官
(通商製造政策局長)が「12月の対中制裁関税が実行されな
い兆候はない」「我々が合意するのは中国次第」と発言する
と108.67円まで失速。その後は目立った動きはこれくらいで
、その後は108.70円台を中心に小動きとなる。

 

–ロンドン市場–

時間外の米10年債利回りが低下基調を続けるなか、一時108.
66円と本日安値をわずかに更新するも、今晩のFOMC結果公表
を控えて動きは緩慢。

 

–NY市場–

米金融イベントを控えてしばらくは狭いレンジでの値動きが
続いていたが、FOMC声明文から「不確実性」との文言が削除
されたことが分かると瞬間的にドル買いで反応。一時108.77
円付近まで上げる。ただ、FOMC参加者の政策金利見通し(ド
ットチャート)で来年の金利据え置きが示されたほか、パウ
エルFRB議長が「物価の持続的な上昇を確認するまでは利上
げの可能性は低い」と述べるとドル売りが優勢となり一時10
8.47円と日通し安値を付ける。なお、主要通貨に対するドル
の値動きを示すドルインデックスは一時97.04と8月9日以来約
4カ月ぶりの安値を付ける。

 

そんな中テクニカルでは、1h4h遅行スパン価格沿い周期
が継続する形で上昇するも、週足50%転換線、日足4h遅行
スパン価格のレジスタンスから、4h遅行スパン価格沿い
周期が継続となり下降、1h雲ねじれをクロス下抜け、月
足転換線、安値圏で推移するなどしっかりと機能する展
開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h4h遅行スパン価格沿い周期が継続
する形で上昇するも、週足50%転換線、日足4h遅行スパン
価格のレジスタンスから、4h遅行スパン価格沿い周期が
継続となり下降、NY市場にかけて1h雲ねじれをクロス下
抜け、月足転換線、安値圏で推移する展開となっており
ます。

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »