Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年12月6日本日のドル円相場分析

calendar

reload



 

先日の東京市場では「日本政府が打ち出す経済対策の事業規模
は26兆円程度で、財政支出は13.2兆円ほど」との一部報道が伝
わると、一時108.93円まで値を上げ、ロンドン市場にかけて日
米株価指数先物の上昇などをながめ、投資家のリスク志向改善
を意識した買いの流れが続き、時間外の米10年債利回りが上昇
に転じたこともあり、昨日高値の108.96円を上抜けて一時109.
00円まで値を上げる展開。NY市場にかけてはペロシ米下院議長
が「米下院はトランプ大統領の弾劾訴追状を作成」と述べると
、トランプ米大統領に対する弾劾の動きを嫌気した売りが優勢
となり一時108.66円と日通し安値を付ける。ただ、トランプ米
大統領が「中国との交渉は順調に進んでいる」「15日の対中関
税発動、様子を見守る必要」と述べると買い戻しが入り108.80
円付近まで下げ渋る。「米中は米国産農産物の購入額を巡り依
然として対立している」との報道が伝わると108.67円付近まで
再び下げる展開となっております。

 

そんな中テクニカルでは、8h遅行スパン価格沿い周期で
上昇の流れが継続し上昇してくるも、8h23.6%転換線、
1h38.2%、109円キリ番付近のレジスタンスからから日足
遅行スパン価格沿い周期で下降、1h雲に沿う形で週足遅
行スパン価格付近まで下降する展開となっております。

 

引き続き8h、日足、週足遅行スパン価格位置に注目して
8h雲ねじれをクロス下抜け下降してくるのか、4h遅行ス
パン雲沿い周期で上昇してくるのか、マルチタイムのレ
ジサポを合わせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

「日本政府が打ち出す経済対策の事業規模は26兆円程度で、
財政支出は13.2兆円ほど」との一部報道が伝わると、一時10
8.93円まで値を上げる。しかし昨日高値の108.96円手前では
伸び悩むなど、総じて値幅は限られる。

 

–ロンドン市場–

日米株価指数先物の上昇などをながめ、投資家のリスク志向
改善を意識した買いの流れが続き、時間外の米10年債利回り
が上昇に転じたこともあり、昨日高値の108.96円を上抜けて
一時109.00円まで値を上げる。

 

–NY市場–

ペロシ米下院議長が「米下院はトランプ大統領の弾劾訴
追状を作成」と述べると、トランプ米大統領に対する弾
劾の動きを嫌気した売りが優勢となり一時108.66円と日
通し安値を付ける。ただ、トランプ米大統領が「中国と
の交渉は順調に進んでいる」「15日の対中関税発動、様
子を見守る必要」と述べると買い戻しが入り108.80円付
近まで下げ渋る。「米中は米国産農産物の購入額を巡り
依然として対立している」との報道が伝わると108.67円
付近まで再び下げたものの、下押しは限定的。

 

そんな中テクニカルでは、8h遅行スパン価格沿い周期で
上昇の流れが継続し上昇してくるも、8h23.6%転換線、
1h38.2%、109円キリ番付近のレジスタンスからから日足
遅行スパン価格沿い周期で下降、1h雲に沿う形で週足遅
行スパン価格付近まで下降するなどしっかりと機能する
展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では8h遅行スパン価格沿い周期で上昇の
流れが継続し上昇してくるも、ロンドン市場にかけて8h
23.6%転換線、1h38.2%、109円キリ番付近のレジスタンス
からから日足遅行スパン価格沿い周期で下降、NY市場に
かけて1h雲に沿う形で週足遅行スパン価格付近まで下降
する展開となっております。

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »