Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年9月12日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

先日の東京市場では米中対立の緩和期待が高まるなか、リス
クオンの流れが先行。日経平均株価の上昇などを支えに買い
が進み、「中国は米製品の関税適用除外リスト第1弾を公表す
る」との報道が伝わると、一時107.85円まで上げ幅を広げる
展開、その後ロンドン市場ではユーロ円などクロス円の下げに
つれたほか、米長期金利が再び低下している影響もあり、107
.60円台まで弱含むも、NY市場では中国政府が来月予定されて
いる通商協議を前に、米国製品16品目を追加関税の対象から除
外すると発表。一方、トランプ米大統領は「中国がいくらか動
きを見せた。大きな動きだ」と評価し、米中対立の懸念後退で
ダウ平均が227ドル上昇、約1カ月半ぶりの高値を付けたことな
どが相場の支援材料となり、取引終了間際に一時107.86円と日
通し高値を付ける展開となっております。

 

そんな中テクニカルでは、8h遅行スパン雲上抜けから上昇の
流れが継続となり、1h4h8h上昇トレンド継続。日足雲を上抜
け遅行スパン雲付近で推移する展開となっております。

 

引き続き短期上昇トレンドを追いかけながら日足遅行スパン雲
のレジスタンスが機能し価格雲沿い周期で下降してくるシナリ
オも視野に収束反転も仕掛けていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

米中対立の緩和期待が高まるなか、リスクオンの流れが先行
。日経平均株価の上昇などを支えに買いが進み、「中国は米
製品の関税適用除外リスト第1弾を公表する」との報道が伝
わると、一時107.85円まで上げ幅を広げる。

 

–ロンドン市場–

ユーロ円などクロス円の下げにつれたほか、米長期金利が再
び低下している影響もあり、107.60円台まで弱含む。トラン
プ米大統領は「FRBは政策金利を0%か、それを下回る水準ま
で引き下げるべき」などと発言したが、目立った反応は見られ
ず。

 

–NY市場–

中国政府はこの日、来月予定されている通商協議を前に、米国
製品16品目を追加関税の対象から除外すると発表。一方、トラ
ンプ米大統領は「中国がいくらか動きを見せた。大きな動きだ
」と評価した。米中対立の懸念後退でダウ平均が227ドル上昇
し約1カ月半ぶりの高値を付けたことなどが相場の支援材料と
なり、取引終了間際に一時107.86円と日通し高値を付ける。
ただNY市場に限れば狭いレンジでのもみ合いに終始。明日のE
CB定例理事会や来週のFOMC、日銀金融政策決定会合など各国
の金融イベントを前に大きな方向感は出ず、NY時間の安値は10
7.63円で値幅は23銭程度。

 

そんな中テクニカルでは、8h遅行スパン雲上抜けから上昇の
流れが継続となり、1h4h8h上昇トレンド継続。日足雲を上抜
け遅行スパン雲付近で推移するなどしっかりと機能する展開と
なっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場ではそんな中テクニカルでは、8h遅行スパン雲
上抜けから上昇の流れが継続となり、1h4h8h上昇トレンド継続
しなり高値を更新、その後NY市場にかけても上昇の流れが継続
となり。日足雲を上抜け遅行スパン雲付近で推移する展開とな
っております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »