Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年9月9日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

先日の東京市場では日経平均株価が強含んで推移したこともあ
り、投資家のリスク志向改善を意識した買いが入ったことや、
仲値にかけた買いも入り、一時は107.10円まで上昇。その後ロ
ンドン市場にかけては107.00円を挟んだもみ合いが続くも、N
Y市場では米労働省が発表した8月米雇用統計で、非農業部門雇
用者数が前月比13万人増と予想の前月比15万8000人増を下回っ
たことが分かると円買い・ドル売りが先行。同時に発表された
平均時給は前月比/前年比ともに予想を上回ったものの一時10
6.62円と日通し安値を付ける。ただ、パウエルFRB議長がスイ
ス・チューリッヒでの討論会で「景気見通しに著しいリスクが
ある」「FRBは景気拡大を維持するため適切に行動する」とし
ながらも「米経済は良い状態にあり、インフレも目標の2%に戻
っていくだろう」「リセッションは予想しない」などと述べると
全般ドル買いで反応し、一時106.94円付近まで持ち直す展開。

 

そんな中テクニカルでは、8h遅行スパン雲、日足S点付近のレジ
スタンスから1h38.2%付近まで下降、その後1h雲、遅行スパン価
格沿い周期で上昇する展開となっております。

 

引き続き1h遅行スパン価格沿い周期と雲沿い周期に注目して8h遅
行スパン雲、日足S点、107円キリ番を上抜けてくるのか、レジス
タンスからの下降の流れが継続してくるのか、マルチタイムのレジ
サポを合わせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価が強含んで推移したこともあり、投資家のリスク
志向改善を意識した買いが入ったことや、仲値にかけた買いも
入り、一時は107.10円まで上昇。久しぶりの107円台とあって
本邦実需勢からの売りが入る場面もあったが、総じて底堅く推
移。

 

–ロンドン市場–

107.00円を挟んだもみ合いが続いており、米雇用統計を控えて
様子見ムードが強まる。

 

–NY市場–

米労働省が発表した8月米雇用統計で、非農業部門雇用者数
が前月比13万人増と予想の前月比15万8000人増を下回った
ことが分かると円買い・ドル売りが先行。同時に発表され
た平均時給は前月比/前年比ともに予想を上回ったものの
一時106.62円と日通し安値を付ける。ただ、パウエルFRB議
長がスイス・チューリッヒでの討論会で「景気見通しに著し
いリスクがある」「FRBは景気拡大を維持するため適切に行
動する」としながらも「米経済は良い状態にあり、インフレ
も目標の2%に戻っていくだろう」「リセッションは予想し
ない」などと述べると全般ドル買いで反応し、一時106.94
円付近まで持ち直す。市場では「追加利下げの可能性を示唆
したものの、17-18日のFOMCで利下げを決断するかは明言
を避けた」との声が聞かれる。

 

そんな中テクニカルでは、8h遅行スパン雲、日足S点付近のレジ
スタンスから1h38.2%付近まで下降、その後1h雲、遅行スパン価
格沿い周期で上昇するなどしっかりと機能する展開となっており
ます。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では8h遅行スパン雲、日足S点付近に上値を抑え
られるも高値圏に推移。ロンドン市場からNY市場にかけては1h
38.2%付近まで下降するも、その後1h雲、遅行スパン価格沿い周
期で上昇する展開となっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »