Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年8月12日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

 

先日の東京市場では「中国が米農産品の購入を停止したことを
受けて、米国がファーウェイとの取引再開のライセンス決定を
見送った」との報道を受けて、米中貿易戦争の激化懸念からリ
スク回避目的の売りが先行。一時105.73円まで下押し。ロンド
ン市場にかけては欧州株や日米株価指数先物などが軟調に推移
したことをながめ、リスク回避の売りに押され105.72円まで
下値を広げる展開。その後NY市場で7月米PPIコア指数が予想
を下回ったことを受けて円買い・ドル売りが先行。トランプ米
大統領が「華為技術(ファーウェイ)と取引するつもりはない
」「9月の中国との会合はキャンセルの可能性もあり得る」など
と述べると、米中貿易摩擦激化への懸念から売りが加速。トラ
ンプ氏がFRBに1.00%の利下げを要求したことも相場の重しと
なり、一時105.27円と1月3日以来約7カ月ぶりの安値を付ける。
ただ、一時は280ドル超下落したダウ平均がプラス圏を回復し、
米10年債利回りが上昇に転じると買い戻しが入り105.71円付近
まで下げ渋る展開。

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン基準線沿い周期から推
移後、雲に上値を抑えられ下降、4h8h転換線に上値を抑えら
れ下降トレンド継続となり前回安値圏に向かって下降、月足
23.6%付近まで下降する展開となっております。

 

引き続き前回安値圏に向かって下降してくる展開を視野に短期
、中期下降トレンドを追いかけながら、キリ番、前回高安、マ
ルチタイムフィボライン、波動ラインに注目してバイアスなし
に収束反転も仕掛けていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

「中国が米農産品の購入を停止したことを受けて、米国がファ
ーウェイとの取引再開のライセンス決定を見送った」との報道
を受けて、米中貿易戦争の激化懸念からリスク回避目的の売り
が先行。一時105.73円まで下押し。その後はショートカバー主
導で買い戻しが優勢に。日経平均株価が底堅く推移したほか、
中国人民銀行が連日で人民元の基準値を市場予想よりも元高に
設定したことが相場を支え、一時は106.09円まで切り返す。

 

–ロンドン市場–

欧州株や日米株価指数先物などが軟調に推移したことをながめ、
リスク回避の売りに押され105.72円まで下値を広げる場面も見
られる。

 

–NY市場–

7月米PPIコア指数が予想を下回ったことを受けて円買い・ドル
売りが先行。トランプ米大統領が「華為技術(ファーウェイ)
と取引するつもりはない」「9月の中国との会合はキャンセル
の可能性もあり得る」などと述べると、米中貿易摩擦激化への
懸念から売りが加速。トランプ氏がFRBに1.00%の利下げを要
求したことも相場の重しとなり、一時105.27円と1月3日以来約
7カ月ぶりの安値を付ける。ただ、一時は280ドル超下落したダ
ウ平均がプラス圏を回復し、米10年債利回りが上昇に転じると
買い戻しが入り105.71円付近まで下げ渋る。

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン基準線沿い周期から推
移後、雲に上値を抑えられ下降、4h8h転換線に上値を抑えら
れ下降トレンド継続となり前回安値家圏に向かって下降、月
足23.6%付近まで下降するなどしっかりと機能する展開となっ
ております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h遅行スパン基準線沿い周期から雲付近に
推移後、雲に上値を抑えられ下降、4h8h転換線に上値を抑えら
れNY市場にかてけ下降トレンド継続となり前回安値圏に向かっ
て下降、月足23.6%付近まで下降する展開となっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »