Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年8月1日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

 

先日の東京市場では日経平均株価が下落して始まったことに
つれて108.50円まで売りが先行したが、月末の仲値にかけて
は買いが入り108.65円まで反発。その後は今晩の米連邦公開
市場委員会(FOMC)結果公表を控えて買いも続かず、その
後は108.55円前後での推移が続き、NY市場では7月ADP全米
雇用報告や4-6月期米雇用コスト指数はほぼ予想の範囲内だ
ったため、相場への影響は軽微だったものの、7月米シカゴ購
買部協会景気指数が44.4と予想の50.6を下回ると円買い・ドル
売りがやや優勢となり、一時108.49円と日通し安値を付ける。
その後FOMC声明を受けて伸び悩む展開。しかしながら、パ
ウエルFRB議長が定例記者会見で「今回の利下げは中期的な
金融政策の調整であり、長期的な利下げ局面の始まりではな
い」との見解を示すと、再びドル買いが優勢となり一時109.
00円まで値を上げる展開。

 

 

そんな中テクニカルでは月の後半にかけての収束から、前回高
値圏、月足遅行スパン価格、週足50%のレジスタンスが機能す
る形で1h遅行スパン雲沿い周期でP波動に収束。その後23.6%
ラインがサポートとなる形でP波動を上抜け上昇、月変わりと
週の半ば付近から反転するパターンで上昇、直近高値圏を上抜
け週足遅行スパン価格沿い周期で月足雲付近まで上昇する展開
となっております。

 

このまま引き続き週足遅行スパン価格沿い周期に注目して1h
上昇トレンドを追いかけながら、月足雲のレジスタンスが機
能してくる展開も視野に、波動で勢力をはかり収束反転も仕
掛けます。

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価が下落して始まったことにつれて108.50円まで
売りが先行したが、月末の仲値にかけては買いが入り108.65
円まで反発。その後は今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)
結果公表を控えて買いも続かず、その後は108.55円前後での
推移が続く。

–ロンドン市場–

依然として米金融イベント待ちの状況となっており、108.55
円前後でこう着。なお、本日の米中閣僚級会議では中国によ
る米国産農産物の輸入拡大について協議され、次回は9月に
米国で実施されることが中国国営メディアにより明らかにな
ったが、特段反応は見られない。

–NY市場–

7月ADP全米雇用報告や4-6月期米雇用コスト指数はほぼ
予想の範囲内だったため、相場への影響は軽微だったもの
の、7月米シカゴ購買部協会景気指数が44.4と予想の50.6
を下回ると円買い・ドル売りがやや優勢となり、一時108
.49円と日通し安値を付ける。その後FOMCで、政策金利
であるFF金利の誘導目標を0.25%引き下げ2.00-2.25%
にすると決めたと発表。市場の一部では0.50%の大幅利
下げを期待した向きもあっただけに0.25%の利下げを受
けて当初はドル買いで反応。ただ、声明文には「景気拡
大を維持するため適切に行動する」との文言が残り、景
気減速リスクが残る限り、次回以降の会合でも引き続き
利下げを実施する可能性を示唆。また、今回は利下げと
同時にFRBの保有資産の縮小終了も決定し、従来より2カ
月前倒しした。FOMC声明を受けてドル買いの勢いは徐々
に弱まり、ドル円はやや伸び悩む展開。しかしながら、パ
ウエルFRB議長が定例記者会見で「今回の利下げは中期的
な金融政策の調整であり、長期的な利下げ局面の始まりで
はない」との見解を示すと、再びドル買いが優勢となり一
時109.00円まで値を上げる展開。

そんな中テクニカルでは月の後半にかけての収束から、前回高
値圏、月足遅行スパン価格、週足50%のレジスタンスが機能す
る形で1h遅行スパン雲沿い周期でP波動に収束。その後23.6%
ラインがサポートとなる形でP波動を上抜け上昇、月変わりと
週の半ば付近から反転するパターンで上昇、直近高値圏を上抜
け週足遅行スパン価格沿い周期で月足雲付近まで上昇するなど
しっかりと機能する展開となっております。

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では月の後半にかけての収束から、前回高値圏
、月足遅行スパン価格、週足50%のレジスタンスが機能する形
で1h遅行スパン雲沿い周期でNY市場にかけてP波動に収束。そ
の後23.6%ラインがサポートとなる形でP波動を上抜け上昇、月
変わりと週の半ば付近から反転するパターンで上昇、直近高値
圏を上抜け週足遅行スパン価格沿い周期で上昇する展開となっ
ております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »