Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年7月31日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

先日の東京市場では市場では日経平均株価が上昇して始ま
ったことを背景に買いが先行し、昨日高値の108.90円を上
抜けて108.95円まで値を上げるも、109.00円にかけて観測
されている本邦実需勢を中心とした売りに抑えられると、
その後は上値を切り下げロンドン市場にかけて、欧州株を
中心に株価が軟調に推移したことで豪ドル円やNZドル円な
どオセアニア通貨のクロス円が売られたことにつれ、一時
108.51円と本日安値を更新。その後は昨日安値の108.42円
が目先のサポートとして意識されると108.60円台を回復す
るも、NY市場では米中貿易協議をめぐり、トランプ米大統
領が中国をけん制する発言を行ったことで、米中貿易交渉の
先行き不透明感が高まりリスク回避的な円買い・ドル売りが
先行。6月米PCEコアデフレータが前年比で予想を下回った
ことも嫌気されて、一時108.45円と日通し安値を付ける展開
。ただ、前日の安値108.42円がサポートとして意識されると
下げ渋る展開に。7月米消費者信頼感指数が135.7と予想の12
5.0を上回ったこともドル買い戻しを促し、一時108.70円付近
まで持ち直す。

 

 

そんな中テクニカルでは1h転換線に下支えられながら高値を
更新し上昇トレンドが継続してくるも、月の後半にかけての
収束から、前回高値圏、月足遅行スパン価格、週足50%のレ
ジスタンスが機能する形で反転下降、1h雲、4h8h転換線を下
回り4h基準線のサポートから4h転換線基準線内に推移する展
開となっております。

 

 

このまま月の後半にかけての収束から4h転換線基準線内騰落
で推移してくる展開も視野に、マルチタイムのレジスタンス
と1h雲下抜けからの下降の流れが継続してくるのか、月変わ
りの方向性から月足週足遅行スパン価格沿い周期で再び上昇
してくるのか、マルチタイムのレジサポを合わせてその方向
についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価が上昇して始まったことを背景に買いが
先行し、昨日高値の108.90円を上抜けて108.95円まで
値を上げるも、109.00円にかけて観測されている本邦
実需勢を中心とした売りに抑えられると、その後は上
値を切り下げる展開に。日銀が金融政策の現状維持を
発表し、フォワードガイダンスを変更しなかったこと
が分かると売りが強まり、日経平均株価の上げ幅縮小
とともに108.56円まで値を下げる。

 

–ロンドン市場–

欧州株を中心に株価が軟調に推移したことで豪ドル円
やNZドル円などオセアニア通貨のクロス円が売られた
ことにつれ、一時108.51円と本日安値を更新。その後
は昨日安値の108.42円が目先のサポートとして意識さ
れると108.60円台を回復。なお、欧州株式市場では英
株以外は軟調。特にスペイン株は連立政権樹立が難航
するサンチェス政権に対する不信感から1.8%超下落。
独株は1.5%超、伊株は1.8%超下げる。

 

–NY市場–

米中貿易協議をめぐり、トランプ米大統領が中国をけん制する
発言を行ったことで、米中貿易交渉の先行き不透明感が高まり
リスク回避的な円買い・ドル売りが先行。6月米PCEコアデフ
レータが前年比で予想を下回ったことも嫌気されて、一時108
.45円と日通し安値を付ける。ただ、前日の安値108.42円がサ
ポートとして意識されると下げ渋る展開に。7月米消費者信頼
感指数が135.7と予想の125.0を上回ったこともドル買い戻しを
促し、一時108.70円付近まで持ち直す場面があった。なお、ト
ランプ米大統領は「我々は中国と協議しているが、彼らはいつ
も最終的に自分達の利益のために取引を変更する」「中国との
問題は、彼らが約束を果たさないこと」「私が選挙に勝てば、
中国は今交渉しているものよりもさらに厳しいものになるだろ
う」などと述べた。

 

そんな中テクニカルでは1h転換線に下支えられながら高値を
更新し上昇トレンドが継続してくるも、月の後半にかけての
収束から、前回高値圏、月足遅行スパン価格、週足50%のレ
ジスタンスが機能する形で反転下降、1h雲、4h8h転換線を下
回り4h基準線のサポートから4h転換線基準線内に推移するな
どしっかりと機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h転換線に下支えられながら高値を更新
し上昇トレンドが継続してくるも、その後は月の後半にかけ
ての収束から、前回高値圏、月足遅行スパン価格、週足50%
のレジスタンスが機能する形でNY市場にかけて反転下降、1
h雲、4h8h転換線を下回り4h基準線のサポートから4h転換線
基準線内に推移する展開となっております。

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »