Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年7月23日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

先日の東京市場では仲値にかけてまとまった買いが観測された
ほか、150円近く下げて始まった日経平均株価が下げ幅を縮め
たことが支えとなった。先週末高値の107.98円を上抜けて一時
108.07円まで上昇するも、一巡後はやや売りに押され、ロンド
ン市場にかけては時間外の米10年債利回りの低下とともに107.
82円付近まで下押し、その後のNY市場の米長期金利の低下に
伴う円買い・ドル売りが入ったほか、108.00円に観測されてい
るオプション絡みの売りに上値を抑えられ一時107.77円付近ま
で下落。ただ米経済指標の発表などがなかったうえ、30日の日
銀金融政策決定会合や31日のFOMC結果公表を控えて大きな方
向感は出ない展開。

 

 

そんな中テクニカルでは日足23.6%のサポートからの上昇の流れ
が継続となり4h遅行スパン価格沿い周期で上昇、108キリ番、日
足転換線のレジンスタスから1h雲ねじれに向かって下降するも、
1h50%、遅行スパン価格S点、4h基準線のサポートから再び上昇、
4h遅行スパン価格沿い周期が継続する展開となっております。

引き続き4h遅行スパン価格沿い周期、雲位置、1081円キリ番ラ
インに注目して日足遅行スパン価格沿い周期で下降してくるの
か、週足遅行スパン価格沿い周期で上昇してくるのか、マルチ
タイムのレジサポを合わせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

仲値にかけてまとまった買いが観測されたほか、150円近く下
げて始まった日経平均株価が下げ幅を縮めたことが支えとなっ
た。先週末高値の107.98円を上抜けて一時108.07円まで上昇。
一巡後はやや売りに押される場面もあったが、下値は堅い展開。

 

–ロンドン市場–

時間外の米10年債利回りの低下とともに107.82円付近まで下
押ししたが、一巡後はやや下げ渋り。ダウ先物が70ドル超高
と比較的底堅く推移していることが支えとなる。

 

–NY市場–

米長期金利の低下に伴う円買い・ドル売りが入ったほか、10
8.00円に観測されているオプション絡みの売りに上値を抑え
られ一時107.77円付近まで下押し、ただ米経済指標の発表な
どがなかったうえ、30日の日銀金融政策決定会合や31日のF
OMC結果公表を控えて大きな方向感は出ない。

 

そんな中テクニカルでは日足23.6%のサポートからの上昇の流れ
が継続となり4h遅行スパン価格沿い周期で上昇、108キリ番、日
足転換線のレジンスタスから1h雲ねじれに向かって下降するも、
1h50%、遅行スパン価格S点、4h基準線のサポートから再び上昇、
4h遅行スパン価格沿い周期が継続するなどしっかりと機能する展
開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では日足23.6%のサポートからの上昇の流れが継
続となり4h遅行スパン価格沿い周期で上昇、108キリ番、日足転
換線のレジンスタスからNY市場にかけて1h雲ねじれに向かって
下降するも、1h0%、遅行スパン価格S点、4h基準線のサポート
から再び上昇、4h遅行スパン価格沿い周期が継続する展開となっ
ております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »