Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年7月12日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

先日の東京市場ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)の議会
証言を受けて、昨日のNY市場でドル安が進んだ流れを引き継ぎ
、時間外取引で米長期金利が低下したことも相場の重しとなり
、一時107.86円まで下押し、その後ロンドン市場にかけては米
10年債利回りが時間外取引で上昇に転じたことをながめ、一時
108.20円付近まで値を上げ、NY市場では6月米CPI・同コア指数
が予想を上回ったことをきっかけに円売り・ドル買いが先行。米
30年債入札が「低調」と受け止められると、米長期金利が上昇幅
を拡大し円売り・ドル買いがさらに強まり一時108.53円と日通し
高値を付ける展開となっております。

 

そんな中テクニカルでは1h下抜け下降トレンド継続から76.4%、
S点、4h50%半値戻し、遅行スパン価格、雲、8h遅行スパン価格
、日足基準線、週足23.6%のサポートから反転上昇、4h8h遅行ス
パン価格沿い周期で1h雲ねじれに向かって上昇し、雲に上値を抑
えられ4h遅行スパン価格沿い周期で推移する展開となっておりま
す。

 

引き続き4h8h遅行スパン価格沿い周期に注目して、1h雲、遅行ス
パン価格沿い周期で下降し、8h遅行スパン価格沿い周期で下降し
てくるのか、4h遅行スパン価格沿い周期で上昇してくるのか、マ
ルチタイムのレジサポ、周期を合わせてその方向についていきま
す。

 

週末にかけての収束も視野にですね。

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

パウエル米連邦準備理事会(FRB)の議会証言を受けて、昨日
のNY市場でドル安が進んだ流れを引き継ぎ、時間外取引で米長
期金利が低下したことも相場の重しとなり、一時107.86円まで
下押しする。

 

–ロンドン市場–

米10年債利回りが時間外取引で上昇に転じたことをながめ
、一時108.20円付近まで値を上げる。ただ欧州株式相場や
日経平均先物などが下げに転じた影響も受けたため、徐々
に買いの勢いは弱まる。

 

–NY市場–

6月米CPI・同コア指数が予想を上回ったことをきっかけに
円売り・ドル買いが先行。米30年債入札が「低調」と受け
止められると、米長期金利が上昇幅を拡大し円売り・ドル
買いがさらに強まり一時108.53円と日通し高値を付ける。
なお、パウエルFRB議長は米上院銀行委員会での質疑応答
で「失業率と物価の関係は失われた」「今の金融政策は緩
和的とは言えない」などと述べ、ハト派寄りの考えを鮮明
にする。

 

そんな中テクニカルでは1h下抜け下降トレンド継続から76.4%、
S点、4h50%半値戻し、遅行スパン価格、雲、8h遅行スパン価格
、日足基準線、週足23.6%のサポートから反転上昇、4h8h遅行ス
パン価格沿い周期で1h雲ねじれに向かって上昇し、雲に上値を抑
えられ4h遅行スパン価格沿い周期で推移するなどしっかりと機能
する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h下抜け下降トレンド継続から安値を更新し
てくるも、76.4%、S点、4h50%半値戻し、遅行スパン価格、雲、
8h遅行スパン価格、日足基準線、週足23.6%のサポートから反転
上昇、NY市場にかけて4h8h遅行スパン価格沿い周期で1h雲ねじ
れに向かって上昇し、雲に上値を抑えられ4h遅行スパン価格沿い
周期で推移する展開となっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »