Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年7月8日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

先日の東京市場で週末のゴトーとあって、仲値にかけては
本邦実需勢からの買いが観測され、今晩に米雇用統計の発
表を控えて様子見ムードも強かったが、日経平均株価の上
昇などを支えに107.94円まで値を上げ、ロンドン市場にか
けては米長期債利回りの上昇を手掛かりに108.07円まで上
値を伸ばす展開、その後NY市場では6月米雇用統計で非農
業部門雇用者数が予想よりも増加したことが伝わると過度
な利下げ観測が後退し、米10年債利回りは1.95%台から2.
06%台まで急上昇。つれる形で一時108.62円まで値を上げ
る。ただトランプ米大統領が改めて「FRBの利下げは経済
を押し上げる」と発言すると108.42円付近まで伸び悩んだ
ものの下値は堅く、一時は230ドル超下落していたダウ平
均が10ドル超安まで下げ幅を縮めると108.64円と6月18日
以来の高値まで上値を伸ばす展開となっております。

 

そんな中テクニカルで日足転換線、61.8%、8h波動ライン
、基準線のサポートからの上昇の流れが継続となり、1h
転換線に下支えられながら4h遅行スパン価格沿い周期で
上昇、その後日足前回高値圏、38.2%付近のレジスタンス
が機能し、4h遅行スパン価格沿い周期が継続となり、8h
遅行スパン雲下限付近で推移する展開となっております。

 

引き続き4h遅行スパン価格沿い周期で1h雲ねじれ付近の
変化日から反転下降してくる展開も視野に、1h上昇トレ
ンドを追いかけながら収束反転も仕掛けていきます。

日足、週足遅行スパン周期にも注目ですね。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

週末の5・10日(ゴトー日)とあって、仲値にかけては本邦
実需勢からの買いが観測された。今晩に米雇用統計の発表を
控えて様子見ムードも強かったが、日経平均株価の上昇など
を支えに107.94円まで値を上げる。

 

–ロンドン市場–

米長期債利回りの上昇を手掛かりに108.07円まで上値を伸ば
した後は、米雇用統計を控え高値付近で動きが鈍る。

 

–NY市場–

6月米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想よりも増加し
たことが伝わると過度な利下げ観測が後退し、米10年債
利回りは1.95%台から2.06%台まで急上昇。つれる形で一
時108.62円まで値を上げる。トランプ米大統領が改めて「
FRBの利下げは経済を押し上げる」と発言すると108.42円
付近まで伸び悩んだものの下値は堅く、一時は230ドル超
下落していたダウ平均が10ドル超安まで下げ幅を縮めると
108.64円と6月18日以来の高値まで上値を伸ばす。

 

そんな中テクニカルで日足転換線、61.8%、8h波動ライン
、基準線のサポートからの上昇の流れが継続となり、1h
転換線に下支えられながら4h遅行スパン価格沿い周期で
上昇、その後日足前回高値圏、38.2%付近のレジスタンス
が機能し、4h遅行スパン価格沿い周期が継続となり、8h
遅行スパン雲下限付近で推移するなどしっかりと機能する
展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では日足転換線、61.8%、8h波動ライン
、基準線のサポートからの上昇の流れが継続となり、1h
転換線に下支えられながらNY市場にかけて4h遅行スパン
価格沿い周期で上昇、その後日足前回高値圏、38.2%付近
のレジスタンスが機能し、4h遅行スパン価格沿い周期が継
続となり、8h遅行スパン雲下限付近で推移する展開となっ
ております。

 

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »