Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年6月12日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

先日の東京市場では日経平均株価が小安く始まったことで
108.35円まで下げたものの、昨日安値の108.32円が目先の
サポートとして意識されると買い戻しが優勢。その後に日
経平均がプラス圏に浮上したほか、仲値にかけての買いも
観測され、一時108.64円まで値を上げ、ロンドン市場にか
けても投資家のリスク志向改善を意識した買いが入り、米
長期金利の上昇も支えとなり、昨日高値の108.72円を上抜
けて一時108.74円まで値を上げる展開。

NY市場では中国政府がインフラ投資の資金調達を支援する
方針を示したことで、アジアや欧州の株式相場が上昇。投
資家のリスク志向が改善し円売り・ドル買いが先行。一時
108.80円と日通し高値を付ける。ただ、一時は180ドル超
上昇したダウ平均が下げに転じると円買い・ドル売りが優
勢に。米3年債入札が堅調だったと受け止められ、米10年
債利回りが低下したことも相場の重しとなり、108.44円付
近まで下押しする展開となっております。

 

 

そんな中テクニカルではサポートからの上昇の流れが継続
となり1h遅行スパン価格沿い周期で上昇、その後週足50%
ラインのレジスタンスから1h遅行スパン価格沿い周期が継
続となり下降、1h雲上限、4h雲下限付近で推移する展開と
なっております。

 

引き続き1h遅行スパン価格沿い周期と雲ねじれを中心に騰
落、雲位置に注目して、月足雲に戻され上昇してくるのか、
再び月足雲を下抜け下降してくるのか、1h中間波動からの
抜けを狙い、中期下降トレンド継続、収束反転を仕掛けて
いきます。

 

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価が小安く始まったことで108.35円まで下げた
ものの、昨日安値の108.32円が目先のサポートとして意識
されると買い戻しが優勢。その後に日経平均がプラス圏に
浮上したほか、仲値にかけての買いも観測され、一時108.
64円まで値を上げる。

 

–ロンドン市場–

日米株価指数先物や欧州株式相場が堅調に推移するなか、
投資家のリスク志向改善を意識した買いが入る。米長期
金利の上昇も支えとなり、昨日高値の108.72円を上抜け
て一時108.74円まで値を上げる。

 

–NY市場–

中国政府がインフラ投資の資金調達を支援する方針を示し
たことで、アジアや欧州の株式相場が上昇。投資家のリス
ク志向が改善し円売り・ドル買いが先行。一時108.80円と
日通し高値を付ける。ただ、一時は180ドル超上昇したダ
ウ平均が下げに転じると円買い・ドル売りが優勢に。米3
年債入札が堅調だったと受け止められ、米10年債利回り
が低下したことも相場の重しとなり、108.44円付近まで下
押し、しかしアジア時間に付けた日通し安値108.35円を下
抜けることは出来ず。

 

そんな中テクニカルではサポートからの上昇の流れが継続
となり1h遅行スパン価格沿い周期で上昇、その後週足50%
ラインのレジスタンスから1h遅行スパン価格沿い周期が継
続となり下降、1h雲上限、4h雲下限付近で推移するなどし
っかりと機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場ではサポートからの上昇の流れが継続とな
り1h遅行スパン価格沿い周期でNY市場にかけて上昇、そ
の後週足50%ラインのレジスタンスから1h遅行スパン価格
沿い周期が継続となり下降、1h雲上限、4h雲下限付近で推
移する展開となっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »