Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年4月15日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

先日の東京市場では昨日の海外市場からの流れを引き継いで買
いが先行。日経平均株価やユーロ円の上昇につれた面もあり、
一時111.82円まで値を上げ、3月初旬以降、頭を抑えられている
111円台後半とあって、一巡後は利食い売りに押されたものの下
値も限定的。引けにかけて株価が底堅く推移したこともあり、
再び111.83円まで値を上げる展開。ロンドン市場にかけても中国
経済指標の結果を受けて中国の先行き景気減速懸念が後退し、ダ
ウ先物が急速に上げ幅を拡大したことも材料視され、一時3月5日
以来の高値となる111.97円まで強含む。ただ、112.00円に大きめ
のドル売りオーダーが控えていることも意識され、その後は大台
を前に足踏み状態が続く。しかしNY市場では3月中国貿易統計で
輸出額の伸びが予想を大きく上回り、同国の景気減速への懸念が
緩和。米金融機関の好決算も手掛かりにダウ平均が290ドル超上
昇すると、投資家のリスク志向が改善し円売り・ドル買いがリ先
行。米10年債利回りが2.5651%前後まで上昇したことも相場の支
援材料となり、一時112.09円と3月5日以来の高値を付ける展開と
なっております。

 

そんな中テクニカルでは1h転換線に下支えられながら波動を右に
出て高値を更新、上昇トレンドが継続となり、112円キリ番付近
マルチタイム前回高値圏まで上昇する展開となっております。

引き続き1h上昇トレンドを追いかけながら波動で勢力をはかり、
112円キリ番、週足遅行スパン価格、日足前回高値圏のレジスタ
ンスが機能してくるのかに注目してパイアスなしに収束反転も
仕掛けていきます。

 

週足雲ラインにも注目ですね。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

昨日の海外市場からの流れを引き継いで買いが先行。日経平均
株価やユーロ円の上昇につれた面もあり、一時111.82円まで値
を上げる。3月初旬以降、頭を抑えられている111円台後半とあ
って、一巡後は利食い売りに押されたものの下値も限定的。引
けにかけて株価が底堅く推移したこともあり、再び111.83円ま
で値を上げる。

 

–ロンドン市場–

東京タイムからのドル買い・円売りの流れが継続されるな
か、中国経済指標の結果を受けて中国の先行き景気減速懸
念が後退し、ダウ先物が急速に上げ幅を拡大したことも材
料視され、一時3月5日以来の高値となる111.97円まで強含
む。ただ、112.00円に大きめのドル売りオーダーが控えて
いることも意識され、その後は大台を前に足踏み状態が続
く。

 

–NY市場–

3月中国貿易統計で輸出額の伸びが予想を大きく上回り、
同国の景気減速への懸念が緩和。米金融機関の好決算も
手掛かりにダウ平均が290ドル超上昇すると、投資家の
リスク志向が改善し円売り・ドル買いがリ先行。米10年
債利回りが2.5651%前後まで上昇したことも相場の支援
材料となり、一時112.09円と3月5日以来の高値を付ける。

 

そんな中テクニカルでは1h転換線に下支えられながら波動を右に
出て高値を更新、8h遅行スパン価格沿い周期からの上昇の流れを
引き継ぎ1h上昇トレンドが継続となり、112円キリ番付近とマルチ
タイム前回高値圏まで上昇するなどしっかりと機能する展開となっ
ております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では1h転換線に下支えられながら波動を右に
出て高値を更新、上昇トレンドが継続となり、そのままNY市
場にかけて上昇の流れが継続し、112円キリ番、マルチタイム
前回高値圏まで上昇する展開となっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »