Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年4月12日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

先日の東京市場では朝方に110.91円まで下押ししたものの、
小安く始まった日経平均株価が持ち直したほか、本邦実需勢
から買いが観測されると下値を切り上げ、一時111.13円まで
買い戻される展開、その後ロンドン市場ではダウ先物がプラ
スに転じ、111円台を維持して底堅い動きも、時間外の米10
年債利回りの上昇が一服し、111.10円近辺で推移、NY市場に
かけては3月米PPIが予想より強い内容だったうえ、前週分の
米新規失業保険申請件数が約50年ぶりの低水準を付けて米労
働市場の堅調さを示すと全般ドル買いが先行。米10年債利回
りが2.5077%前後まで上昇したこともドルの追い風となり、
前日の高値111.28円を上抜けて一時111.70円まで上値を伸ば
す展開となっております。

 

そんな中テクニカルでは1h下降トレンド継続から8h遅行スパン
価格、雲、日足基準線付近、週足転換線のサポートが機能し8h
遅行スパン価格沿い周期で上昇、1h雲を上抜け反転上昇トレン
ドに突入、週足雲を再び上抜け遅行スパン価格付近に推移する
展開となっております。

 

引き続き8h遅行スパン価格沿い周期に注目して1h上昇トレンドを
追いかけながら、週末にかけての収束反転も視野に仕掛けていき
ます。

 

マルチタイム遅行スパン周期に注目ですね。

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

朝方に110.91円まで下押ししたものの、小安く始まった日経
平均株価が持ち直したほか、本邦実需勢から買いが観測され
ると下値を切り上げ、一時111.13円まで買い戻される。その
後、実需勢のフローが一巡すると戻り売りに押される場面も
見られたが下値も限定的。

–ロンドン市場–

ダウ先物がプラスに転じ、111円台を維持して底堅い動き
も、時間外の米10年債利回りの上昇が一服し、111.10円
近辺で動きが鈍る。

–NY市場–

3月米PPIが予想より強い内容だったうえ、前週分の米新規失
業保険申請件数が約50年ぶりの低水準を付けて米労働市場の
堅調さを示すと全般ドル買いが先行。米10年債利回りが2.50
77%前後まで上昇したこともドルの追い風となり、前日の高
値111.28円を上抜けて一時111.70円まで上値を伸ばす。

 

そんな中テクニカルでは1h下降トレンド継続から8h遅行スパン
価格、雲、日足基準線付近、週足転換線のサポートが機能し8h
遅行スパン価格沿い周期で上昇、1h雲を上抜け反転上昇トレン
ドに突入、週足雲を再び上抜け遅行スパン価格付近に推移する
などしっかりと機能する展開となっております。

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では8h遅行スパン価格、雲、日足基準線付近、
週足転換線のサポートからの上昇の流れを引き継ぎ上昇後、遅
行スパン価格付近に推移する展開、その後ロンドン市場にかけ
ては転換線に下支えられながら遅行スパン価格をクロス上抜け、
NY市場にかけても上昇の流れが継続、8h遅行スパン価格沿い周
期で上昇し1h雲を上抜け反転上昇トレンドに突入、週足雲を再び
上抜け遅行スパン価格付近に推移する展開となっております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »