Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年4月10日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

 

先日の東京市場では小安く始まった日経平均株価が買い戻され
るにつれて111.58円まで値を上げたが、株価が再びマイナス圏
に沈むと失速。一時111.28円まで値を下げ、昨日安値に面合わ
せし、その後ロンドン市場にかけては111.35円前後でのもみ合
いが続く展開。NY市場ではしばらくは111.30円台でのもみ合い
が続いていたが、トランプ米大統領が欧州連合(EU)からの輸
入品に対して報復関税を課すと表明し、貿易摩擦激化への懸念が
高まるとダウ平均が一時230ドル超下落。投資家がリスク回避姿
勢を強め円買い・ドル売りが優勢。また国際通貨基金(IMF)が
2019年世界経済の成長見通しを下方修正したことも相場の重しと
なり、一時110.98円と日通し安値を付ける。その後1日の安値110
.80円が目先サポートとして働くと下げ渋り、米国株が下げ幅を縮
めたことなども相場の下支え要因となり、111円台前半まで持ち直
す展開となっております。

 

そんな中テクニカルでは週足遅行スパン価格のレジスタンス
からの下降の流れを引き継ぎ雲に戻される形で下降、日足遅
行スパン価格沿い周期で8h雲ねじれに向かって下降、1h下降
トレンド継続から4h雲に突入するも、日足転換線基準線、11
1円キリ番付近のサポートが機能し4h雲沿い周期で上昇する展
開となっております。

 

引き続き1h下降トレンドを追いかけながら、週足38.2%、日足
転換線基準線、111円キリ番のサポートから4h雲沿い、遅行ス
パン基準線沿い周期で上昇してくる展開も視野に、収束反転も
仕掛けます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

小安く始まった日経平均株価が買い戻されるにつれて111.58
円まで値を上げたが、株価が再びマイナス圏に沈むと失速。
一時111.28円まで値を下げ、昨日安値に面合わせする。その
後は111.35円前後でのもみ合いが続く。

 

–ロンドン市場–

ポンド絡みの取引が中心となったため、ドル円は111.30円前
後での小動きとなる。

 

–NY市場–

しばらくは111.30円台でのもみ合いが続いていたが、トランプ
米大統領が欧州連合(EU)からの輸入品に対して報復関税を課
すと表明し、貿易摩擦激化への懸念が高まるとダウ平均が一時2
30ドル超下落。投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売
りが優勢となる。また国際通貨基金(IMF)が2019年世界経済
の成長見通しを下方修正したことも相場の重しとなり、一時11
0.98円と日通し安値を付ける。ただ、1日の安値110.80円が目先
サポートとして働くと下げ渋り、米国株が下げ幅を縮めたことな
ども相場の下支え要因となり、111円台前半まで持ち直す。

 

そんな中テクニカルでは週足遅行スパン価格のレジスタンス
からの下降の流れを引き継ぎ雲に戻される形で下降、日足遅
行スパン価格沿い周期で8h雲ねじれに向かって下降し1h下降
トレンド継続から4h雲に突入するも、日足転換線基準線、11
1円キリ番付近のサポートから4h雲沿い周期で上昇するなどし
っかりと機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では遅行スパン価格沿い周期で価格雲付近
まで上昇する場面があるも、雲、雲ねじれラインのレジス
タンスから遅行スパン雲も下抜け下降、下降トレンド突入
し、NY市場にかけて下降トレンド継続、8h雲ねじれに向か
って日足遅行スパン価格沿い周期で下降、4h雲に突入する
もNY市場後半にかけては日足転換線基準線、111円キリ番
付近のサポートが機能し4h雲沿い周期で上昇する展開とな
っております。

 

Trader.K動画配信チャンネルは
↓こちら
http://video.fc2.com/channel/trader_k/

出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »