Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年3月13日本日のドル円相場分析

calendar

reload

海外FXランキング

 

 

先日の東京市場ではポンド円の急伸につれたうえ、日経平均
株価の440円超高を好感した買いが入り、昨日高値の111.31
円を上抜けて111.45円まで値を上げる。その後はしばらく高
値圏でのもみ合いが続いていたが、一時2%超上昇していた上
海株が失速したことが嫌気され111.20円台まで利食い売りに
押される展開。ロンドン市場にかけては時間外の米10年債利
回りの上昇などを背景に111.47円まで強含むも、ポンド円の
売り戻しが強まると、111.30円台でじり安、その後NY市場で
は2月米CPIが前年比で予想を下回り、エネルギーと食品を除
くコア指数が前月比・前年比ともに予想より弱い内容だった
ことが分かると円買い・ドル売りが先行。米10年債利回りが
低下に転じたことも相場の重しとなり、一時111.11円と日通
し安値を付ける。ただ、米株式市場でナスダックやS&P500
が上昇すると買い戻しが進み、111.40円付近まで持ち直す展
開となっております。

 

 

そんな中テクニカルでは1h50%半値戻しがレジスタンスとなり
遅行スパン雲沿い周期で下降、その後遅行スパン雲沿い周期と
価格沿い周期の攻防から、価格雲、23.6%、遅行スパン価格の
サポートも機能し遅行スパン価格沿い周期で上昇、1h雲ねじれ
を中心に騰落となり、日足遅行スパン雲、週足遅行スパン転換
線付近に推移する展開となっております。

 

引き続き1h遅行スパン価格沿い周期に注目して、日足遅行ス
パン雲沿い周期から4h遅行スパン価格沿い周期で雲を下抜け
てくるのか、8h遅行スパン価格沿い周期で上昇してくるのか
、マルチタイムタイム遅行スパン周期を合わせて、1h騰落か
ら抜けを狙います。

 

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

ポンド円の急伸につれたうえ、日経平均株価の440円超高を
好感した買いが入り、昨日高値の111.31円を上抜けて111.4
5円まで値を上げる。その後はしばらく高値圏でのもみ合い
が続いていたが、一時2%超上昇していた上海株が失速した
ことが嫌気され111.20円台まで利食い売りに押される。

 

–ロンドン市場–

時間外の米10年債利回りの上昇などを背景に111.47円まで
強含む。しかしポンド円の売り戻しが強まると、111.30円
台でじり安となる。

 

–NY市場–

2月米CPIが前年比で予想を下回り、エネルギーと食品を
除くコア指数が前月比・前年比ともに予想より弱い内容
だったことが分かると円買い・ドル売りが先行。米10年
債利回りが低下に転じたことも相場の重しとなり、一時
111.11円と日通し安値を付ける。ただ、米株式市場でナ
スダックやS&P500が上昇すると買い戻しが進み、111.4
0円付近まで持ち直す。

 

 

 

そんな中テクニカルでは1h50%半値戻しがレジスタンスとなり
遅行スパン雲沿い周期で下降、その後遅行スパン雲沿い周期と
価格沿い周期の攻防から、価格雲、23.6%、遅行スパン価格の
サポートから遅行スパン価格沿い周期で上昇、1h雲ねじれを中
心に騰落となり、日足遅行スパン雲、週足遅行スパン転換線付
近に推移するなどしっかりと機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—-

先日の東京市場では50%半値戻しのレジタンスから雲に向かって
下降するも雲のサポートからロンドン市場にかけて再び50%半値
戻しラインを試す展開、その後同高値圏がレジスタンスとなりNY
市場にかけて1h遅行スパン雲沿い周期で下降、NY市場では遅行ス
パン雲沿い周期と価格沿い周期の攻防から、価格雲、23.6%、遅行
スパン価格のサポートも機能し遅行スパン価格沿い周期で上昇、1
h雲ねじれを中心に騰落となり、日足遅行スパン雲、週足遅行スパ
ン転換線付近に推移する展開となっております。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »