Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年2月28日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

 

先日の東京市場で米朝首脳会談を控えて様子見ムードが強く、
110.55円を挟んだ小動きに終始。CME(シカゴ・マーカンタ
イル取引所)が技術的問題で一時取引が停止したこともあり、
市場では「米系短期筋などが仕掛けづらかった」との指摘も
あり、ロンドン市場にかけても110.40円を挟んだもみ合いが
継続。NY市場ではトランプ米大統領が米朝首脳会談について
「今回の会談は昨年の会談と同等かそれ以上のものだった」
「明日記者会見を行う」などと発言。朝鮮半島非核化に向けた
協議の進展などへの期待から円売り・ドル買いが先行。米10年
債利回りが上昇に転じ、2.6969%前後まで上昇幅を広げると円
売り・ドル買いが活発化し、一時111.07円まで上値を伸ばす展
開となっております。

 

そんな中テクニカルでは1h下降トレンド突入から直近E計算値と
4h遅行スパン雲のサポートから雲に戻される形で上昇、8h遅行
スパン実体価格基準線もサポートとなり、雲から出される形で、
1h雲ねじれ、遅行スパン雲ねじれに向かって上昇し、再び111円
キリ番を試し騰落から下降、1h雲付近に推移する展開となってお
ります。

 

引き続き4h8h遅行スパン価格沿い周期に注目し、1h雲ねじれを
中心に騰落からP波動に収束してくるのか、Y波動で騰落幅を広
げてくるのか、マルチタイムのレジサポをあわせてと騰落から
抜けを狙っていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

米朝首脳会談を控えて様子見ムードが強く、110.55円を挟んだ
小動きに終始。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が技術
的問題で一時取引が停止したこともあり、市場では「米系短期
筋などが仕掛けづらかった」との指摘もあった。

–ロンドン市場–

米朝首脳会談を控えて様子見ムードが強く、110.40円を挟んだ
もみ合いが継続。

–NY市場–

トランプ米大統領がこの日の米朝首脳会談について「今回の会談は
昨年の会談と同等かそれ以上のものだった」「明日記者会見を行う
」などと発言。朝鮮半島非核化に向けた協議の進展などへの期待か
ら円売り・ドル買いが先行。米10年債利回りが上昇に転じ、2.6969
%前後まで上昇幅を広げると円売り・ドル買いが活発化し、一時11
1.07円まで上値を伸ばす。なお、ライトハイザーUSTR代表が「中国
による追加購入だけでは通商交渉合意には不十分」と述べると米国株
が下げ幅を拡大したため、ドル円も110.73円付近まで売られる場面が
あったが、下押しは限定的。

 

 

そんな中テクニカルでは1h下降トレンド突入から直近E計算値と4h
遅行スパン雲のサポートから雲に戻される形で上昇、8h遅行スパン
実体価格基準線もサポートとなり、雲から出される形で、1h雲ねじ
れ、遅行スパン雲ねじれに向かって上昇し、再び111円キリ番を試
し騰落から下降、1h雲付近に推移するなどしっかりと機能する展開
となっております。

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では1h転換線に上値を抑えられ安値圏に推移。
その後直近の波動を右に出て下降トレンド継続してくるも、
ロンドン市場にて直近の直近E計算値と4h遅行スパン雲のサポ
ートからNY市場にかけて雲に戻される形で上昇、8h遅行スパン
実体価格基準線もサポートとなり、雲から出される形で、1h雲
ねじれ、遅行スパン雲ねじれに向かって上昇し、再び111円キリ
番を試すも騰落から下降、1h雲付近に推移する展開となってお
ります。

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

海外FXランキング

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »