Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2019年2月8日本日のドル円相場分析

calendar

海外FXランキング

 

 

 

先日の東京市場では日経平均株価が下落したことを背景に売りが
強まったほか、昨日引け前に発表された10-12月期NZ雇用統計
が低調な内容だったことを受けてNZドル円が下げ、豪ドル円も
軟調に推移するとつられる形でドル円も一時109.73円まで下押し
、ただ、株安が一服すると次第に買い戻される展開に。低下して
いた時間外の米10年債利回りが低下幅を縮めたことも支えとなり
、ロンドン市場にかけて110.09円付近まで切り返す展開。その後
4日に付けた年初来高値110.16円の上抜けに失敗すると失速。NY
市場にかけて世界景気の減速懸念で欧州株やダウ先物が下落する
とリスク回避的な円買い・ドル売りが入り、一時109.61円と日通
し安値を付ける。ただ、前日の安値109.56円が目先サポートとし
て意識されると徐々に買い戻しが入り下げ幅を縮める展開となっ
ております。

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン価格沿い周期が継続し下降
後、雲のサポートから反転上昇し再び同高値圏を試すも、レジス
タンス機能から雲ねじれを中心に騰落となり下降、8h遅行スパン
価格沿い周期が継続し、日足雲上付近、週足雲、基準線付近に推
移する展開となっております。

 

引き続き1h遅行スパン価格沿い周期と8h遅行スパン価格沿い周期
に注目しながら、マルチタイムのレジサポをあわせて4h遅行スパ
ン価格沿い周期と雲沿い周期の攻防から1hP波動の抜けを狙いま
す。

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

日経平均株価が下落したことを背景に売りが強まったほか、昨日
引け前に発表された10-12月期NZ雇用統計が低調な内容だった
ことを受けてNZドル円が下げ、豪ドル円も軟調に推移するとつら
れる形でドル円も一時109.73円まで下押しする。ただ、株安が一
服すると次第に買い戻される展開に。低下していた時間外の米10
年債利回りが低下幅を縮めたことも支えとなり110.01円付近まで
切り返した。一方、110円台では戻り売り意欲が強く、滞空時間は
短かい。

 

–ロンドン市場–

109円後半で底堅さを示し、再び110円台を試す動きに持ち込んだ
が、110.09円を高値に伸び悩み、110円前半で引き続き売りに押
される動きとなる。その後は米債利回りの低下幅拡大やユーロ円
の下落にもつられ、109.83円近辺まで押し戻される。

 

–NY市場–

日本時間夕刻に一時110.09円まで上昇する場面があったが、
4日に付けた年初来高値110.16円の上抜けに失敗すると失速
。世界景気の減速懸念で欧州株やダウ先物が下落するとリス
ク回避的な円買い・ドル売りが入り、一時109.61円と日通し
安値を付ける。ただ、前日の安値109.56円が目先サポートと
して意識されると徐々に買い戻しが入り下げ幅を縮める。

 

そんな中テクニカルでは1h遅行スパン価格沿い周期が継続し下降
後、雲のサポートから反転上昇し再び同高値圏を試すも、レジス
タンス機能から雲ねじれを中心に騰落となり下降、8h遅行スパン
価格沿い周期が継続し、日足雲上付近、週足雲、基準線付近に推
移するなどしっかりと機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では1h遅行スパン価格沿い周期が継続となり騰落
から雲がサポートとなり反転上昇、ロンドン市場にかけて同高値
圏を試すも、レジスタンス機能で反転下降、8h遅行スパン価格沿
い周期が継続となり、NY市場にかけて1h雲ねじれを中心に騰落か
らP波動に収束する展開となっております。

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

 

海外FXランキング

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »