Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年12月31日本日のドル円相場分析

calendar



今年も今日が最後の取引となります。
一年間お疲れ様でした。最終日頑張っ
ていきましょう(^▽^)/

 

先日の東京市場では昨日引けにかけて急速に買い戻された
反動から売りが先行。その後も日経平均株価がさえない展
開となったことで次第に売りが進み、ロンドン市場にかけ
ても米長期金利の低下を手掛かりにした売りが優勢となり
、一時110.24円と本日安値を更新。なお、ダウ先物が持ち
直すなど株安は一服したものの、株価動向をにらんだ買い
の勢いは限られる展開。
NY市場では12月米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)が6
5.4と予想の62.0を上回ったことなどを手掛かりに円売り・
ドル買いが先行すると一時110.53円付近まで上げたものの
、上値は重く一時は240ドル超上昇したダウ平均が失速し1
50ドル超下落したことが相場の重しとなり、110.15円と日
通し安値を付ける展開。

 

テクニカルでは1h雲ねじれ変化日から遅行スパン価格沿い周期
で上昇するも、対等関係高値圏、S点がレジスタンスとなり雲
ねじれを中心に騰落から遅行スパン価格沿い周期で下降。4hも
遅行スパン価格沿い周期が継続となり、短期中期下降トレンド
継続。月足雲のくぼみに向かって再び下降する展開となってお
ります。

 

引き続き1h4h遅行スパン価格沿い周期と対等関係同周期に注目
して、4h遅行スパン価格沿い周期から下降トレンド継続してく
るのか、底値りから反転上昇してくるのか、年末にかけて雲ね
じれを中心に騰落で収束してくる展開も視野に、マルチタイム
のレジサポをあわせてその方向についていきます。

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

昨日引けにかけて急速に買い戻された反動から売りが
先行。その後も日経平均株価がさえない展開となった
ことで次第に売りが進み、一時110.52円まで下押し。
その後の戻りも限られる。

 

–ロンドン市場–

米長期金利の低下を手掛かりにした売りが優勢となり、一時
110.24円と本日安値を更新。なお、ダウ先物が持ち直すなど
株安は一服したものの、株価動向をにらんだ買いの勢いは限
られる。

 

–NY市場–

12月米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)が65.4と予想の
62.0を上回ったことなどを手掛かりに円売り・ドル買いが
先行すると一時110.53円付近まで上げたものの、上値は重
く一時は240ドル超上昇したダウ平均が失速し150ドル超下
落したことが相場の重しとなり、110.15円と日通し安値を
付ける。また。米10年債利回りが2.7111%前後と2月6日以
来の低水準を付けたこともドル売りを誘う。

 

 

そんな中テクニカルでは1h雲ねじれ変化日から遅行スパン価格
沿い周期で上昇するも、対等関係高値圏、S点がレジスタンス
となり雲ねじれを中心に騰落から遅行スパン価格沿い周期で下
降。4hも遅行スパン価格沿い周期が継続となり、短期中期下降
トレンド継続。月足雲のくぼみに向かって再び下降するなどし
っかりと機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—–

先日の昨日の東京市場では対等関係高値圏のレジスタンスから
の下降の流れを引き継ぎ遅行スパン価格沿い周期と4h遅行スパ
ン価格沿い周期で下降、NY市場にかけて遅行スパン雲も下抜け
下降トレンド再突入し、安値圏に向かって下降している展開と
なっております。

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »