Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年11月1日本日のドル円相場分析

calendar



今日から11月です。今年もあと2カ月となりました。
終盤戦頑張っていきましょう(^▽^)/

 

先日の東京市場では日経平均株価の上昇を背景にした買いが先行
したほか、市場では「月末を控えて本邦実需勢の買いが観測され
た」との指摘もあり、113.33円まで上昇。その後ロンドン市場に
かけては利益確定売りに押されて一時113.03円付近まで下落する
も、安値の113.02円手前では売りも一服。対ユーロなどでドル買
いが進んだ影響もあり、113.20円付近まで下げ渋る。

NY市場では注目の10月ADP全米雇用報告や7-9月期米雇用コス
ト指数が予想を上回ったため、円売り・ドル買いが先行し一時11
3.39円と9日以来の高値を付ける展開。またダウ平均が一時460ド
ル超上昇したことも相場の支援材料となる。ただ、月末のロンド
ン16時(日本時間1時)のフィキシングに絡んだ円買い・ドル売
りが入ると、一時112.81円と日通し安値を付ける展開となってお
ります。

 

 

 

テクニカルでは日足遅行スパン価格沿い周期が継続し1h上昇トレ
ンド継続。日足対等関係高値圏と下降波動ライン、4h61.8%ライ
ンのレジスタンスが機能し下降。月の変わり目から反転下降し8h
雲に戻される展開となっております。

 

 

引き続き日足遅行スパン価格沿い周期で上昇してくるのか、
対等関係高値圏と下降波動ラインがレジスタンスとなり月変
わりで反転、下降波動沿いで下降してくるのかの攻防と、マ
ルチタイムの遅行スパン周期に注目して、4h雲ねじれに向か
って下降してくる展開も視野にその方向についていきます。

 

マルチタイムの遅行スパン周期、下降波動ライン、雲位置
に注目ですね。

 

 

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価の上昇を背景にした買いが先行したほか、市場では
「月末を控えて本邦実需勢の買いが観測された」との指摘もあり、
113.33円まで上昇した後、いったんは伸び悩む場面も見られたが、
午後に日経平均が上げ幅を拡大すると買いが再開。再び高値圏ま
で切り返す。なお、日銀はこの日、金融政策の現状維持を決定。
同時に公表された展望リポートでは2018年度・2019年度・2020
年度のCPI見通しを引き下げたが、相場への影響は限られる。

 

 

–ロンドン市場–

利益確定売りに押されて一時113.03円付近まで下落したが、本日
安値の113.02円手前では売りも一服。対ユーロなどでドル買いが
進んだ影響もあり、113.20円付近まで下げ渋る。

 

 

–NY市場–

10月ADP全米雇用報告や7-9月期米雇用コスト指数が予想を
上回ったため、円売り・ドル買いが先行し一時113.39円と9日
以来の高値を付ける。またダウ平均が一時460ドル超上昇した
ことも相場の支援材料となった。ただ、月末のロンドン16時
(日本時間1時)のフィキシングに絡んだ円買い・ドル売りが
入ると、一時112.81円と日通し安値を付ける。

 

 

そんな中テクニカルでは日足遅行スパン価格沿い周期が継続し
1h上昇トレンド継続。日足対等関係高値圏と下降波動ライン、
4h61.8%ラインのレジスタンスから下降し、月の変わり目から
反転下降となり8h雲に戻されるなどしっかり機能する展開とな
っております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では前日からの上昇トレンドの流れを引き継ぎ
転換線に下支えられながら上昇、日足対等関係高値圏と4h61.8
%のレジスタンスから高止まり、ロンドン市場にかけて下降波動
沿いで下降するも、直近安値圏がサポートとなり再び上昇。下降
波動を右に出てNY市場にかけて高値を更新、その後同高値付近が
再びレジスタンスとなり月変わりから反転下降、NY市場後半にか
けて遅行スパン価格付近まで下降している展開となっております。

 

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...

folder 本日のドル円相場分析

2018年11月15日本日のドル円相場分析
2018年11月14日本日のドル円相場分析
more...
Translate »