Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年10月18日本日のドル円相場分析

calendar



こんにちは!!Trader.kです(^▽^)/

先日の東京市場では昨日の海外市場で底堅く推移した流れを
引き継いで朝方からじりじりと値を上げる展開。日経平均株
価が410円超上昇すると一時112.42円と本日高値を付ける。
その後は112.50円にはまとまった売りが観測されていること
から、頭の重さを確認すると一巡後は上値を切り下げる動き
となり、株価の上げ幅縮小とともに手仕舞い売りが持ち込ま
れ、一時112.16円まで下押しする。

 

ロンドン市場にかけては米連邦公開市場委員会(FOMC)議
事要旨の公表待ちとあって、狭いレンジで推移。NY市場では
ダウ平均が一時310ドル超下落すると、投資家がリスク回避姿
勢を強め円買い・ドル売りが先行。ナイト・セッションの日経
平均先物が260円下げたことも相場の重しとなり、一時112.02
円と日通し安値を付ける展開。ただその後はダウ平均と日経平
均先物が急速に持ち直すと買い戻しが入り、なお米連邦公開市
場委員会(FOMC)議事要旨公表後にドル高が進んだ影響も受
けて、一時112.68円と日通し高値を付ける展開となっておりま
す。

 

テクニカルは1hN計算値、8h遅行スパン雲下限、日足S点、
週足50%のサポートから4h雲ねじれが変化日となり反転1h
4h上昇波動沿いで上昇。8h遅行スパン雲に沿う形で上昇し、
1h遅行スパン雲沿いと4h遅行スパン価格沿い周期で1h雲ね
じれに向かって下降するも、1h雲、雲ねじれライン、8h50
%転換線ラインがサポートとなり1h4h遅行スパン価格沿い
周期と8h遅行スパン価格沿い周期で上昇。4h雲付近まで上
昇する展開となっております。

 

 

引き続きマルチタイム遅行スパン周期に注目して、4h遅行ス
価格転換線基準線沿い周期と価格雲沿い周期で下降してくる
のか、8h遅行スパン雲沿い周期と日足遅行スパン価格沿い周
期で上昇してくるのか、マルチタイムのレジサポをあわせて
その方向についていきます。

 

 

マルチタイム波動ラインにも注目ですね。



 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

昨日の海外市場で底堅く推移した流れを引き継いで朝方から
じりじりと値を上げる展開。日経平均株価が410円超上昇す
ると一時112.42円と本日高値を付ける。その後は112.50円に
はまとまった売りが観測されていることから、頭の重さを確
認すると一巡後は上値を切り下げる動きに。株価の上げ幅縮
小とともに手仕舞い売りが持ち込まれ、一時112.16円まで下
押しする。

 

 

–ロンドン市場–

今夜の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表待ち
とあって、狭いレンジで推移。東京市場の引け後は、手掛か
り難で一層小動きとなる。

 

 

–NY市場–

ダウ平均が一時310ドル超下落すると、投資家がリスク回避姿勢を強
め円買い・ドル売りが先行。ナイト・セッションの日経平均先物が2
60円下げたことも相場の重しとなり、一時112.02円と日通し安値を
付ける。ただその後はダウ平均と日経平均先物が急速に持ち直すと
買い戻しが入り、なお米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨公表
後にドル高が進んだ影響も受けて、一時112.68円と日通し高値を付け
る展開。

 

 

FOMC議事要旨では「数人のメンバーが長期的な水準を上回るまで利
上げが必要と判断」「経済活動の拡大が続けば追加利上げが適切にな
ると予想」「漸進的な姿勢は速過ぎまたは遅過ぎるリスクを均衡させ
る」との見解が示され、今後も利上げが継続するとの見方が強まった。

 

 

そんな中テクニカルは1hN計算値、8h遅行スパン雲下限、
日足S点、週足50%のサポートから4h雲ねじれが変化日と
なり反転1h4h上昇波動沿いで上昇。8h遅行スパン雲に沿
う形で上昇し、1h遅行スパン雲沿いと4h遅行スパン価格
沿い周期で1h雲ねじれに向かって下降。その後1h雲、雲
ねじれ付近、8h50%転換線ラインがサポートとなり1h4h
遅行スパン価格沿い周期と8h遅行スパン価格沿い周期で
上昇するなどしっかりと機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では昨日の1hN計算値、8h遅行スパン雲下限、日足
S点、週足50%のサポートから4h雲ねじれが変化日となり反転から
の上昇の流れを引き継ぎ上昇。その後前回高値圏のレジスタンスか
らNY市場にかけて雲ねじれに向かって下降。雲、雲ねじれ付近、遅
行スパン価格安値圏、8h50%転換線付近がサポートとなり、NY市場
後半にかけては遅行スパン価格沿い周期で上昇する展開となっており
ます。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

 

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »