Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年10月17日本日のドル円相場分析

calendar



こんにちは!!Trader.kです(^▽^)/

 

先日の東京市場では日経平均株価が反発して始まったこ
とを背景にじりじりと下値を切り上げる展開となり、ま
たムニューシン米財務相による「為替条項の導入警告」
を打ち消す発言が政府高官から相次いだことも買い安心
感につながり、112円台を回復。その後ロンドン市場に
かけても底堅い動きになり112円台前半で推移。

 

NY市場では9月米鉱工業生産指数が前月比0.3%上昇と予
想の0.2%上昇を上回ったほか、10月全米ホームビルダー
協会(NAHB)住宅市場指数が68と予想の67を上回ったた
め円売り・ドル買いが先行。ダウ平均が一時560ドル超上
昇し、ナイト・セッションの日経平均先物が460円上げる
と円売り・ドル買いがじわりと強まり、一時112.34円まで
値を上げる展開となっております。

 

 

テクニカルは1hN計算値、8h遅行スパン雲下限、日足S点、
週足50%のサポートから4h雲ねじれが変化日となり反転1h
4h上昇波動沿いで上昇。8h遅行スパン雲に沿う形で上昇し、
1h価格雲を上抜け1h4h23.6%、4h遅行スパン価格日足76.4
%付近まで上昇する展開となっておおります。

 

 

引き続き4h遅行スパン価格位置に注目して、雲ねじれから
の反転で上昇してくる展開も視野に、遅行スパン価格沿い
で再び下降してくるのか、上昇波動沿いで上昇してくるの
かの攻防からその方向についていきます。

マルチタイムの遅行スパン周期にも注目ですね。



 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価が反発して始まったことを背景にじりじり
と下値を切り上げる展開となる。またムニューシン米財
務相による「為替条項の導入警告」を打ち消す発言が政
府高官から相次いだことも買い安心感につながり、112
円台を回復。後場に入り日経平均株価が270円近く上昇
幅を拡大すると一時112.15円まで上値を伸ばす。

 

 

–ロンドン市場–

112円前半でもみ合い。本日高値圏ながら勢いを失い、
NY入りを待つ状態となる。

 

 

–NY市場–

9月米鉱工業生産指数が前月比0.3%上昇と予想の0.2%上昇
を上回ったほか、10月全米ホームビルダー協会(NAHB)
住宅市場指数が68と予想の67を上回ったため円売り・ドル
買いが先行。ダウ平均が一時560ドル超上昇し、ナイト・セ
ッションの日経平均先物が460円上げると円売り・ドル買い
がじわりと強まり、一時112.34円まで値を上げる。市場では
「VIX(恐怖指数)が17台まで低下するなど、投資家の過度
なリスク回避姿勢が和らいだ」との指摘があった。

 

 

 

そんな中テクニカルは1hN計算値、8h遅行スパン雲下限、日足
S点、週足50%のサポートから4h雲ねじれが変化日となり反転
1h4h上昇波動沿いで上昇。8h遅行スパン雲に沿う形で上昇し、
1h価格雲を上抜け1h4h23.6%、4h遅行スパン価格日足76.4%付
近まで上昇波動沿いで上昇するなどしっかりと機能する展開と
なっております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では昨日の1hN計算値、8h遅行スパン雲下限、日足
S点、週足50%のサポートから4h雲ねじれが変化日となり反転から
の上昇の流れを引き継ぎ、転換線に下支えられながら上昇波動沿い
で上昇、その後ロンドン市場にて一旦は雲に上値を抑えられ下降す
る場面もありましたが、再び転換線に下支えられながら上昇波動沿
いで上昇、NY市場にかけて23.6%付近まで上昇する展開となってお
ります。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »