Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年10月16日本日のドル円相場分析

calendar



 

 

 

先日の東京市場では日経平均株価が大幅に下落して始
まったことを背景にリスク回避のドル売り、円買いが
先行。一時111.94円まで値を下げる展開。その後先週
サポートとなっていた111.80円台が意識されると一巡
後は112.20円手前まで下げ渋る場面もありましが、ロ
ンドン市場にかけても、先週末のムニューシン米財務
長官による「日本との物品貿易協定(TAG)交渉で為
替条項を要求」との見解も重しとなり、一時111.63円
と9月13日以来の安値を付ける展開に。その後NY市場
では狭いレンジ取引に終始する展開となっております。

 

 

 

 

テクニカルは1h雲沿い周期と遅行スパン価格沿い周期の
攻防から雲沿い周期で下降。上昇波動を右に出ているこ
とで安値を更新し、遅行スパン価格沿い周期の同フラク
タルの値動きの中間波動を経て下降トレンド継続。4h転
換線に上値を抑えられながら下降トレンド継続となり、
8h遅行スパン雲下限、日足S点、週足50%ラインを試す
展開となっております。

 

 

引き続き月足雲に向かって下降していく展開も視野に1h
4h下降トレンドを追いかけながら、S点、波動ライン、8
h遅行スパン雲下限、日足遅行スパン価格、週足50%ライ
ンに注目して、収束反転も仕掛けていきます。

マルチタイムの遅行スパン周期にも注目ですね。

 



 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価が大幅に下落して始まったことを背景に
リスク回避のドル売り、円買いが先行。一時111.94円
まで値を下げる。その後先週サポートとなっていた11
1.80円台が意識されると一巡後は112.20円手前まで下
げ渋る場面があったが、戻りは限定的後場に入っても
株価が430円超下落するなどさえない動きとなったた
め、再び売り圧力が高まる。先週末のムニューシン米
財務長官による「日本との物品貿易協定(TAG)交渉
で為替条項を要求」との見解も重しとなり、15時過ぎ
には一時111.82円と9月18日以来の安値を付ける。

 

 

 

–ロンドン市場–

引き続き、日米通商交渉における為替条項導入の可能
性が意識され、またユーロドル上昇による相対的なド
ル弱含みが、対円でもドルの戻りを抑制し、一時111.
63円と、9月13日以来の安値をつける。

 

 

 

–NY市場–

米国が日本と交渉する物品貿易協定(TAG)に為替条項
を盛り込む意向を示したことで、欧州市場では一時111.
63円と9月13日以来の安値を付けた。ただ、NY市場に限
れば狭いレンジ取引に終始。NY時間安値は111.66円、高
値は111.93円で値幅は27銭程度で推移。

 

 

 

 

そんな中テクニカルは1h雲沿い周期と遅行スパン価格沿い
周期の攻防から雲のレジスタンスで雲沿い周期で下降。上
昇波動を右に出ていることで安値を更新し、遅行スパン価
格沿い周期の同フラクタルの値動きの中間波動を経て下降
トレンド継続。4h転換線に上値を抑えられながら下降トレ
ンド継続となり、8h遅行スパン雲下限、日足S点、週足50
%ラインを試すなどしっかりと機能する展開となっており
ます。

 

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では雲の雲に上値を抑えられる形が継続し
遅行スパン価格沿い周期と価格雲沿い周期の攻防から雲沿
い周期で下降。安値を更新し下降トレンド継続。ロンドン
市場にて8h遅行スパン雲下限、日足S点、週足50%ラインに
到着するとNY市場にかけてはサポート機能で同安値圏で推
移る展開となっております。

 

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

 

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...

folder 本日のドル円相場分析

2018年11月15日本日のドル円相場分析
2018年11月14日本日のドル円相場分析
more...
Translate »