Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年10月10日本日のドル円相場分析

calendar



こんにちは!!Trader.kです(^▽^)/

 

先日の東京市場では朝方か日本株安を見越した売りが先行。
日経平均株価が一時340円安まで下げ幅を拡大するなか、一
時112.93円まで下押しする展開となりましたが、その後日本
株の下落が一服し、上海総合指数なども小高く推移した場面
では113.20円台まで戻される展開。その後ロンドン市場から
NY市場にかけては113.10円を挟んだ水準で次第に方向感が乏
しくなりましたが、NY市場後半にかけては米10年債利回りは
時間外取引で一時3.2594%前後と2011年5月上旬以来7年5カ月
ぶりの高さを付けたものの、通常取引では低下したためドル売
りが優勢。またトランプ米大統領が「インフレの問題はない」
「FRBがやっていることは好きではない」「金利についてそん
なに急ぐ必要はないと考える」などと述べると、一時112.87円
と日通し安値を付ける展開となっております。

 

 

テクニカルは1h遅行スパン価格沿い周期がしっかりと機能。
1h下降トレンドから日足実体S点のサポートが機能し1h遅行
スパン価格付近まで戻りをつけるも、その後レジスタンス機
能から遅行スパン価格沿い周期で騰落。4h雲付近と8h遅行ス
パン価格付近で推移し、4h転換線に上値を抑えられ1h下降波
動をサポートに下降している展開となっております。

 

 

引き続き1h遅行スパン価格沿い周期に注目してながら、下降
トレンドを追いかけ、4h遅行スパン雲、8h遅行スパン価格転
換線、安値圏のサポートが効いてくるのかに注目して、収束
反転も仕掛けます。

マルチタイムの遅行スパン周期に注目ですね。

 

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

朝方か日本株安を見越した売りが先行。日経平均株価が
一時340円安まで下げ幅を拡大するなか、一時112.93円
まで下押しす。その後日本株の下落が一服し、上海総合
指数なども小高く推移した場面では113.20円台まで下げ
渋る展開に。113.10円を挟んだ水準で次第に方向感が乏
しくなる。

 

–ロンドン市場–

リスクオフの円買いが優勢で上値は重く113.04円近辺
まで一時押し戻される。

 

–NY市場–

米10年債利回りは時間外取引で一時3.2594%前後と2
011年5月上旬以来7年5カ月ぶりの高さを付けたものの
、通常取引では低下したためドル売りが優勢。市場で
は「トランプ米政権のヘイリー国連大使が年末に辞任
するとの発表もドル売りを誘った」との指摘。またト
ランプ米大統領が「インフレの問題はない」「FRBが
やっていることは好きではない」「金利についてそん
なに急ぐ必要はないと考える」などと述べると、一時
112.87円と日通し安値を付ける。



 

そんな中テクニカルは1h下降トレンドから日足実体S点のサポ
ートから1h遅行スパン価格付近まで戻りをつけるも、その後
レジスタンスから遅行スパン価格沿い周期で騰落。4h雲付近
と8h遅行スパン価格付近で推移し、4h転換線に上値を抑えら
れ1h下降波動をサポートに下降するなどしっかりと機能する
展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では先日のサポートからの戻りの流れを引き継ぎ
上昇。61.8%から遅行スパン価格付近まで上昇するも、基準線も
レジスタンスとして機能し下降。その後ロンドン市場にかけては
遅行スパン価格沿い周期で騰落となりNY市場にかけても、遅行ス
パン価格沿い周期が継続し下降波動ラインをサポートに下降する
展開となっております。

 

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »