Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年9月14日本日のドル円相場分析

calendar

こんにちは!!Trader.kです(^▽^)/

 

今週も今日までです。
頑張っていきましょう(^▽^)

 

先日の東京市場では一時111.17円まで下げたものの、日経平均株
価が序盤から250円を超える上昇となるにつれて買い戻しが強まり
、また米国側が第5回米中通商協議を提案しているとの報道で上海
総合指数が堅調に推移するなど、株高が相場を支える展開となり、
高値を更新する展開となりまた。その後ロンドン市場にかけても、
英・トルコ中銀の政策発表後はやや警戒が緩み、底堅い動きとなり
NY市場ではトルコリラが急伸すると新興国経済を巡る懸念が後退し
、ダウ先物・日経平均先物の上昇とともに買いが先行。現物のダウ
平均が190ドル超上昇し、ナイト・セッションの日経平均先物が21
0円上げると投資家のリスク選好度が高まり円売り・ドル買い優勢
となり、一時112.00円と8月1日以来の高値を付ける展開となって
おります。

 

 

テクニカルは先週同様同フラクタルの値動き下降後は、1h波動
ライン、4h雲、日足転換線がサポートとなり、雲に戻され上昇
波動上に出たことで転換線、基準線、上昇波動に下支えられな
がら上昇。雲、遅行スパン価格も上抜け上昇トレンド突入。波
動を右に出ていることで高値を更新。8h遅行スパン価格沿い周
期で23.6%、112円キリ番を試す展開となっております。

 

 

引き続き8h遅行スパン価格沿い周期に注目し、週末にかけての
収束を視野に、1h波動で勢力を図りながら上昇トレンドを追い
かけ収束反転も仕掛けます。

 

月足雲ラインにも注目ですね。

 

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

一時111.17円まで下げたものの、日経平均株価が序盤から250円
を超える上昇となるにつれて買い戻しが強まる。また米国側が第
5回米中通商協議を提案しているとの報道で上海総合指数が堅調
に推移するなど、株高が相場を支える展開となり、一時111.47円
まで本日高値を更新する。

 

–ロンドン市場–

111円半ばで底堅く推移。ECBほか、複数の中銀政策発表を控え
た様子見ムードが支配的だったが、英・トルコ中銀の政策発表後
はやや警戒が緩み、一時111.60円まで小幅高となる。

 

–NY市場–

トルコ中銀の大幅な利上げでトルコリラが急伸すると新興国経済
を巡る懸念が後退し、ダウ先物・日経平均先物の上昇とともに11
1.66円まで買いが先行。ただ、8月米消費者物価指数(CPI)が予
想より弱い内容だったことが分かると一転売りが優勢となり111.
37円付近まで下押しする。ただ、現物のダウ平均が190ドル超上昇
し、ナイト・セッションの日経平均先物が210円上げると投資家の
リスク選好度が高まり円売り・ドル買いが再び優勢に。ユーロ円や
ポンド円の上昇につれた買いも入り一時112.00円と8月1日以来の
高値を付ける。

 

 

 

そんな中テクニカルは1h下降波動ライン、4h雲、日足転換線がサ
ポートとなり、1h上昇波動ライン上に戻されたあとは、転換線、
基準線、上昇波動ラインに下支えられながら、雲ねじれもサポー
トとなり上昇トレンド突入。波動を右に出て高値更新を繰り返し、
8h遅行スパン価格沿い周期で23.6%、112円キリ番のレジスタンス
から下押しするなどしっかり機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—–

 

先日の東京市場では昨日からの下降の流れを引き継ぎ下降。
下降波動ライン、4h雲、日足転換線のサポートから雲に戻さ
れ上昇。その後も転換線基準線上昇波動ラインのサポートが
機能しロンドン市場にかけても底堅く推移。NY市場では雲ね
じれ付近のサポートも機能し、遅行スパン価格、価格雲を上
抜け上昇トレンド突入。下降波動を右に出ていることで高値
を更新し、112円キリ番、8h23.63%を試す展開となっており
ます。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

 

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

 

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »