Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年9月10日本日のドル円相場分析

calendar



今週も始まりました(^▽^)
一週間また頑張っていきましょう。

 

 

先日の東京市場では「トランプ米大統領が日米貿易戦争の
可能性を示唆」との報道を受けて昨日のNY市場で下落した
流れを引き継ぎ、また日経平均株価が310円超下落したこと
も売りを促し、一時110.38円と8月22日以来の安値を付ける
展開となりましたが、その後はロンドン市場にかけて8月米
雇用統計を前に買い戻しが入り上昇。

注目の雇用統計では非農業部門雇用者数が前月比20万1000
人増と予想を上回ったほか、平均時給が前年比2.9%増と約
9年ぶりの高い伸びを記録。市場では「25-26日の米連邦公
開市場委員会(FOMC)で年内3回目の利上げがほぼ確実
となる見通し」との声が聞かれ、米10年債利回りは一時2.9
479%前後まで上昇。一時111.25円まで買われる展開となっ
ております。

 

 

 

ただ、トランプ米大統領が「中国からの輸入品2670億ドル
相当への追加関税を賦課する用意がある」と表明すると、
プラス圏で推移していたダウ平均が170ドル超下落。ドル円
にも売りが出て一時110.74円まで下押しする展開となってお
ります。

 

 

 

 

テクニカルは引き続き4h遅行スパン価格沿い周期が機能。
1h下降トレンド継続から波動を右に出て安値を更新。雲
ねじれ中心線から同程度の騰落で安値をつけ、4h対等関係
実体安値、8h前回雲下限ライン、週足雲ねじれラインのサ
ポートから1h遅行スパン価格、価格雲付近、4h遅行スパン
価格付近まで上昇。その後は1h雲に沿う形と遅行スパン価
格転換線基準線に沿う形で下降する展開となっております。

 

 

 

 

引き続き4h遅行スパン価格沿い周期に注目し、1h遅行スパン価格
転換線基準線沿い周期と価格雲沿い周期で下降してくるのか、
4h遅行スパン価格雲沿い周期で価格雲ねじれに向かって上昇。
8h遅行スパン価格沿い価格雲沿い周期から上昇してくねのか、
マルチタイムでレジサポをあわせてその方向につついていきます。

日足遅行スパン価格沿い周期にも注目ですね。

 



 

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

「トランプ米大統領が日米貿易戦争の可能性を示唆」
との報道を受けて昨日のNY市場で下落した流れを引き
継ぎ、また日経平均株価が310円超下落したことも売り
を促し、一時110.38円と8月22日以来の安値を付ける。
ただ、株安が一服するとその後は徐々に下値を切り上げ
る展開に。米国から対中制裁関税第3弾が発表されなかっ
たことも売り方の買い戻しを余儀なくさせた面があり一
時110.72円付近まで戻る展開。

 

 

–ロンドン市場–

トランプ米大統領の強硬な対日通商交渉を示唆する発言報道
でショートに傾いているも、8月米雇用統計を前に買い戻しが
入り110.85円まで上値を伸ばす。

 

 

–NY市場–

8月米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比20万1000人増と予
想を上回ったほか、平均時給が前年比2.9%増と約9年ぶりの高い
伸びを記録。市場では「25-26日の米連邦公開市場委員会(FOM
C)で年内3回目の利上げがほぼ確実となる見通し」との声が聞か
れ、米10年債利回りは一時2.9479%前後まで上昇。
ドル全面高となる中で、一時111.25円まで買われる。

ただ、トランプ米大統領が「中国からの輸入品2670億ドル相当へ
の追加関税を賦課する用意がある」と表明すると、プラス圏で推
移していたダウ平均が170ドル超下落。ドル円にも売りが出て一
時110.74円まで下押しする場面がある。ナイト・セッションの日
経平均先物が130円下げたことも相場の重しとなる。

 

 

 

 

そんな中テクニカルは1h転換線に沿う形で波動を右に出て安値を
更新を繰り返し下降トレンド継続。雲ねじれ中心線から同程度の
騰落と、4h対等関係実体安値、8h前回雲下限ライン、週足雲ねじ
れラインのサポートから1h波動沿いと転換線に下支えられながら
上昇。遅行スパン価格転換線基準線と価格雲付近に到着後は、雲
と遅行スパン転換線基準線価格に沿う形で下降するなどしっかり
と機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では昨日の下降トレンドの流れを引き継ぎ下降。
波動を右に出て安値を更新してくるも、雲ねじれ中心線から同
程度の騰落で安値をつけ、その後はNY市場にかけて転換線と上
昇波動に沿う形で上昇してきます。
NY市場で価格雲、遅行スパン価格転換線、61.8%付近まで上昇
するとレジスタンス機能でNY後場にかけて価格雲、遅行スパン
転換線基準線価格沿い周期で下降する展開となっております。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

 

メルマガのご案内は
こちら↓
http://trader-k.info/official/2017/02/25/merumaga/

 

 

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »