Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年9月4日本日のドル円相場分析

calendar

先日の東京市場では先週末のNY市場でショートカバーが進んだ
流れを引き継ぎ週明けから強含み、一時111.19円と先週末高値
の111.13円を上抜ける展開。

 

ただ、その後は日経平均株価が下落して始まると次第に売りに
押される展開。後場に180円超安とこの日の安値を付けるとほ
ぼ同じくして110.85円と日通し安値を更新。その後ロンドン市
場にかけてナイト・セッションの日経平均先物や時間外のダウ
先物とともに戻し、一時111.17円付近まで水準を回復するも、
その後NY市場では米国・カナダ市場がレーバーデーの祝日で休
場だったことから、取引参加者が激減。米経済指標の発表など
もなく、積極的な売買は手控えられ安値は111.02円、高値は1
11.17円と小幅な値動きとなっております。

 

 

テクニカルは1h遅行スパン価格沿い周期から4h遅行スパン価格
沿い周期で雲付近で推移。日足でも遅行スパン価格沿い周期で
もみ合いとなり8h雲付近で推移。1h雲中に入りP波動に収束する
展開となっております。

 

 

引き続き4h遅行スパン価格沿い周期と価格雲沿いから、雲を越え
た後、下降してくる展開を視野に、1hP波動から抜けを狙います。
また8h遅行スパン価格沿い周期と雲沿い周期の攻防から、日足遅
行スパン価格を下抜けてくるのか、価格沿いで上昇するのかに注
目です。

 

マルチタイムの遅行スパン周期に注目ですね。

 

 

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

先週末のNY市場でショートカバーが進んだ流れを引き継ぎ、
週明けから強含み、一時111.19円と先週末高値の111.13円
を上抜ける。ただ、その後は日経平均株価が下落して始まる
と次第に売りに押される展開。後場に180円超安とこの日の
安値を付けるとほぼ同じくして110.85円と日通し安値を更新。
その後の戻りも限られる。

 

 

–ロンドン市場–

対ユーロなどのドル持ち直しを支えにじり高。ナイト・セッシ
ョンの日経平均先物や時間外のダウ先物とともに戻し、一時11
1.10円付近まで水準を回復する。

 

 

–NY市場–

小幅ながら続伸。終値は111.07円と前営業日NY終値111.03円
と比べて4銭程度のドル高水準。米国・カナダ市場がレーバー
デーの祝日で休場だったことから、取引参加者が激減。米経済
指標の発表などもなく、積極的な売買は手控えられる。NY時間
の安値は111.02円、高値は111.17円で値幅は15銭程度と小さい。

 

 

 

そんな中テクニカルは1h遅行スパン価格沿い周期でもみ合い、
そのまま4h遅行スパン価格沿い周期と日足遅行スパン価格沿い
周期で騰落からもみ合い、8h雲付近で1hP波動に収束するなど
しっかりと機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では先週からの上昇の流れを引き継ぎ、
波動沿いで上昇しくるも、波動のクロスラインが変化日
となり、雲ねじれ付近のレジスタンスから再び下降波動
沿いで下降。その後は遅行スパン価格沿い周期で騰落と
なりNY市場にかけて上昇してくるも、直近の対等関係
高値圏と雲ねじれライン、遅行スパン基準線付近のレジ
スタンスが機能し、NY市場後半にかけてP波動に収束す
る展開となっております。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »