Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年8月13日本日のドル円相場分析

calendar

今週も始まりました(^▽^)
一週間頑張っていきましょう。

 

先日の東京市場は日経平均株価の下げ幅拡大とともに売りが
進み、昨日安値の110.71円を下抜けロンドン市場にかけて11
0.61円まで売られる展開となりました。
その後は7月26日安値の110.59円の下抜けに失敗するとショ
ートカバーが進み、米金利低下や株安が一服したことも支え
に111.00円まで持ち直し、NY市場にて7月米CPIコア指数が前
年比で予想を上回ったため111.12円付近まで値を戻す展開とな
るも、新興国のクロス円が下落した影響を受けて一時110.51円
と日通し安値を付ける展開となっております。

 

 

テクニカルは1h雲のレジスタンスが機能しながら波動を右に
出て安値更新を繰り返し、8h遅行スパン価格沿い周期と下降
波動沿い周期で下降トレンド突入。日足遅行スパン価格沿い
で週足遅行スパン転換線基準線価格沿い周期と価格雲に沿う
形で下降する展開となっております。

 

 

 

8h遅行スパン価格雲沿いから価格を下抜け下降トレンド突入
しております。8h50%ラインと日足遅行スパン価格のサポー
トが機能し反転してくるシナリオも視野に、下降トレンドを
追いかけながら収束反転も仕掛けていきます。

 

 

 

 

マルチタイム遅行スパン周期に注目ですね。

先日の各市場の展開です。

–東京市場–

日経平均株価の下げ幅拡大とともに売りが進み、昨日安値の
110.71円を下抜け110.68円まで弱含む。ただ、ユーロドル中
心にドル買い圧力が高まると111.14円まで一転上昇する。

 

 

–ロンドン市場–

一時110.61円まで売られるも、7月26日安値の110.59円の下
抜けに失敗するとショートカバーが進み、米金利低下や株安
が一服したことも支えに111.00円まで持ち直す。

 

 

–NY市場–

7月米CPIコア指数が前年比で予想を上回ったため111.12円付近
まで値を戻す場面もあるも上値は重い展開。またリラ円中心に
新興国のクロス円が下落した影響を受けて一時110.51円と日通
し安値を付ける。またダウ平均が一時280ドル超下落し、ナイト
・セッションの日経平均先物が240円下げたことも相場の重しと
なる。

ただ、茂木敏充経済再生相が日米新通商協議(FFR)後に「日米
は貿易拡大で合意」と述べると下げ幅を縮小。トランプ米大統領
の顧問弁護士ジェイ・セキュロー氏が「トルコ牧師問題は解決に
近づいている」と述べたこともショートカバーを誘う。

 

 

 

 

そんな中テクニカルは1h遅行スパン価格沿い周期で下降、雲に
上値を抑えられながら、8h遅行スパン価格沿い周期で下降。日
足遅行スパン価格沿い周期と、週足遅行スパン転換線基準線価
格沿い周期と価格雲沿い周期で下降するなどしっかりと機能す
る展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では早朝雲、遅行スパン基準線付近のレジ
スタンスからの下降の流れを引き継ぎ遅行スパン価格沿い
で下降。波動を右に出で安値を更新してきますが、直近安
値圏のサポートから再び騰落で雲まで上昇。その後NY市場
にかけても雲のレジスタンスが機能し騰落から安値を更新
する展開となっております。

 

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/

 

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »