Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年8月8日本日のドル円相場分析

calendar

こんにちは!!Trader.kです(^▽^)/

 

先日の東京市場では小幅ながら全般ドル売りが先行した
ほか、仲値近辺でドル余剰の動きとなり値を下げ、その
後のロンドン市場にかけてもイタリア国債や欧州株の上
昇から欧州通貨買いドル売りが先行し、111.15円まで下
落する展開。NY市場にかけても欧州の取引時間帯にドル
安が進んだ流れを引き継いで円買い・ドル売りが先行し、
前日の安値111.15円や3日の安値111.10円を下抜けて一時
110.99円まで値を下げる展開となりました。

 

NY後半にかけては、ダウ平均が一時190ドル超上昇するな
ど、米国株相場が底堅く推移すると円売り・ドル買いが出
て一時111.48円と日通し高値を付ける展開となっておりま
す。

 

 

 

テクニカルは1h遅行スパン転換線沿いから価格沿いで下降。
雲に上値を抑えられ基準線もレジスタンスとなり下降。111
円キリ番付近と前回雲雲ねじれ中心線付近のサポートから上
昇雲のレジスタンスから再び雲の下降の周期で下降している
展開。4hでは遅行スパン雲沿い周期から雲下付近のサポート
機能で雲ねじれに向かって上昇。8hでは下降波動沿いと遅行
スパン価格沿い周期で下降。その後も遅行スパン価格沿いで
上昇し雲のレジスタンスから下降している展開となっており
ます。

 

 

 

引き続き8h遅行スパン価格沿い周期と下降波動沿い周期、
4h遅行スパン価格沿い周期、1h遅行スパン価格沿い周期
雲沿い周期に注目しながら、マルチタイム遅行スパン価
格沿いで下降してくる展開を視野にその方向についてい
きます。

 

上抜けると上昇に勢いをつけそうですね。
レジスタンスにも注目します。

 

 

先日の各市場の展開です。

 

–東京市場–

小幅ながら全般ドル売りが先行したほか、仲値近辺でドル余剰
の動きとなり111.23円まで値を下げる。その後日経平均株価や
上海総合指数の上昇を支えに111.37円まで反発したが限定的。
欧州勢がドル売りで参入すると失速する。

 

 

–ロンドン市場–

イタリア国債や欧州株の上昇から欧州通貨買いドル売りが
先行し、アジア時間安値の111.23円を下抜けて111.15円ま
で下落し、昨日安値に面合わせする。

 

 

–NY市場–

欧州の取引時間帯に全般ドル安が進んだ流れを引き継いで円買い
・ドル売りが先行。前日の安値111.15円や3日の安値111.10円を
下抜けて一時110.99円まで値を下げる。ただ、111円割れの水準
では下値を拾いたい向きも多く下押しは限定的、ダウ平均が一時
190ドル超上昇するなど、米国株相場が底堅く推移すると円売り
・ドル買いが出て一時111.48円と日通し高値を付ける。また米10
年債利回りが一時2.9767%前後まで上昇した影響も受ける。

 

 

そんな中テクニカルは1h遅行スパン転換線沿いから雲のレジスタンス
で価格沿い周期で下降。4く遅行スパン雲沿い周期と8h遅行スパン価格
沿い周期で下降後は111円キリ番サポートから8h遅行スパン価格沿い、
4h雲ねじれに向かって上昇するなどしっかりと機能する展開となって
おります。

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では昨日からの雲沿いと遅行スパン転換線沿いの下降
の周期が継続し下降。その後雲付近で推移するも、基準線、雲のレジ
スタンスから遅行スパン価格沿い周期で下降、NY市場にかけて下降し
てきます。その後111円キリ番付近のサポートからNY後半にかけては
4h雲ねじれに向かって上昇。1h雲、遅行スパン価格のレジスタンスか
ら再び下降している展開となっております。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »