Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年7月13日本日のドル円相場分析

calendar

 

今週も今日までです(^▽^)
上昇トレンド継続中ですが週末の収束も視野にですね。
今日も一日頑張っていきましょう。

 

先日の東京市場では日経平均が上昇したことを受けて底堅く
推移し、続落で始まった中国株もプラス圏に入り市場全体が
リスクオンに傾いたことで上値を広げる展開。その後ロンド
ン市場からNY市場にかけてもリスクオンの流れは継続し一時
112.63円と1月10日以来の高値を更新。その後は6月米消費者
物価指数(CPI)の前月比が市場予想を下回ったことで米長期
金利が上昇幅を縮めたため、伸び悩む場面も見られたが、総じ
て株高を支えに底堅く推移する展開となっております。

 

 

 

テクニカルは1h転換線に下支えられながら波動を右に出て
高値更新を繰り返し、4h8h日足でも上昇トレンド継続。
週足雲ねじれをクロス上抜けから月足50%、遅行スパン
基準線付近まで上昇する展開となっております。

 

 

短期、中期上昇トレンド継続しております。引き続き
波動で勢力を図りながらマルタイムの上昇トレンドを
追いかけ、月足50%ライン、遅行スパン基準線のレジ
スタンスが機能する形で週後半にかけての収束下降も
視野に、収束反転のショートも仕掛けていきます。

 

 

 

 

 

先日の展開です。

–東京市場–

午前は日経平均が上昇したことを受けて底堅く推移したが、
続落で始まった中国株もプラス圏に入り、市場全体がリスク
オンに傾いたことで昨日の高値112.17円を超えると112.34円
まで一時上値を広げる。

午後は一時ドル円は112.38円まで上値を広げるも目新しい材料
が無かったことで112円前半でのもみ合いに終始。

 

 

–ロンドン市場–

時間外のダウ先物が190ドル超高まで上げ幅を広げるなど全般
リスク・オンの流れが継続。米10年債利回りの上昇も買いを後
押しし、112.50円の売りオーダーをこなして一時112.63円と1月
10日以来の高値を付ける。

 

 

 

–NY市場–

欧州時間からの流れを引き継いで買いが先行し一時112.63円
と1月10日以来の高値を更新。その後は6月米消費者物価指数
(CPI)の前月比が市場予想を下回ったことで米長期金利が
上昇幅を縮めたため、伸び悩む場面も見られたが、総じて株
高を支えに底堅く推移する。

 

 

 

 

 

そんな中テクニカルは1h転換線に下支えられながら上昇トレ
ンド継続。波動を右に出て高値更新を繰り返し月足50%、遅
行スパン基準線付近まで上昇し推移するなどしっかりと機能
する展開となっております。

 

 

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では転換線がサポートとなり波動を右に出て
高値を更新。その後ロンドン市場にかけて一時下押しするも、
直近のS点がサポートとなり再び上昇。波動を右に出て高値を
更新、NY市場にかけても転換線に下支えられながら高値圏に
推移する展開となっております。

 

 

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

 

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら

http://mk-fund.com/lp/

 

先行出版物はこちら↓

https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »