Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年7月9日本日のドル円相場分析

calendar



こんにちは!!Trader.kです。
今週も始まりました(^▽^)/
一週間またよろしくお願いします。

 

先日の東京市場では米国が予定通りに対中制裁関税を
発動するも、材料出尽くし感で日経平均株価は上昇し
110.79円まで上値を伸ばす展開となりましたが、ロン
ドン市場にかけては、中国が市場の想定どおり米国に
報復関税を課すことを発表したことで110.53円まで
下降する展開となりました。

 

その後は雇用統計を控えて小幅な値動きが続きました
が、注目の米雇用統計では失業率や平均時給などが予
想より弱い結果となったため、米長期金利の低下とと
もに一時110.38円まで下落。
その後は米金利が一時上昇に転じたほか、ダウ平均な
どが堅調に推移したこともあって110.55円付近まで下
げ渋る展開となっております。

 

 

 

テクニカルは1h遅行スパン雲と対等関係高値圏のレジス
タンスから価格雲に戻され、遅行スパン雲沿いの周期で
そのまま価格雲ねじれに向かって下降。
遅行スパン雲、価格雲を下抜け、4h38.2%のサポートから
4h雲中、8h転換線基準線内推移となっております。

 

 

 

引き続き週足遅行スパン価格と4h雲、8h転換線基準線の
レジサポと、8h遅行スパン価格沿いで上昇してくるのか、
下降波動沿いで雲ねじれに向かって下降してくるのかの
攻防に注目して、1hP波動と雲ねじれを中心に騰落から抜
けを狙いその方向についていきます。



 

先日の展開です。

 

–東京市場–

午前は日経平均株価が一時250円高程度まで強含む場面で
は110.76円まで上値を伸ばすも、日本時間13時に米国が発
動予定の対中制裁関税第1弾を控え、米中通商摩擦の激化へ
の警戒感により、徐々に様子見ムードが広まり、110円後半
で伸び悩む。
午後は米国が予定通りに対中制裁関税を発動するも、材料
出尽くし感で日経平均株価は上昇。110.60円で下げ渋り、
110.79円まで上値を伸ばす。

 

 

 

–ロンドン市場–

中国が市場の想定どおり米国に報復関税を課すことを発表
したことで、東京時間につけた安値110.53円まで下降。
しかし想定どおりの行動で下げ幅は小さく下げ渋る。
その後はNYタイムの雇用統計を待ちつつ底堅く推移。
イベント待ちで値幅自体は限られる展開。

 

 

 

–NY市場–

米雇用統計を控えて110.69円付近まで上昇する場面が
あるも、米雇用統計後は売りに押される。
6月米雇用統計では非農業部門雇用者数こそ予想を上回
ったものの、失業率や平均時給などが予想より弱い結果
となったため、米長期金利の低下とともに一時110.38円
まで下落。その後は米金利が一時上昇に転じたほか、ダ
ウ平均などが堅調に推移したこともあって110.55円付近
まで下げ渋ったものの、戻りの鈍さを確認すると再び安
値圏まで押し戻される。

 

 

 

 

そんな中テクニカルは1h遅行スパン雲と、4h遅行スパン価格
下降波動ラインのレジスタンスから1h雲に戻され下降。
1h遅行スパン雲沿いから価格雲ねじれに向かって雲沿いで下
降。4h38.2%に下支えられるなどしっかりと機能する展開と
なっております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では遅行スパン価格沿いのもみ合いの周期が
継続し、一旦は雲抜けを試すもNT計算値がレジスタンスと
なり再び下降。ロンドン市場にかけて遅行スパン雲、価格雲
に戻され推移。
その後NY市場にかけてはそのまま遅行スパン雲沿いの周期で
価格雲ねじれに向かって下降。価格雲、遅行スパン雲を下抜
けている展開となっております。

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

 

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/

 

 

先行出版物はこちら↓
https://note.mu/mkfund1/n/nb803c4762ebb

 



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »