Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年7月2日本日のドル円相場分析

calendar



こんにちは!!Trader.kです(^▽^)

今週も始まりました。
7月のスタートです(^▽^)/
今週も頑張っていきましょう。

 

 

先日の東京市場では実需筋による月末・期末のドル買いや
「欧州連合(EU)首脳会議、難民問題で合意」(トゥスク
EU大統領)との報道を受けたリスク選好の買いで、110.79
円まで上昇する展開となりました。

 

その後のロンドン市場では伸び悩む展開となりましたが、
NY市場にかけては欧州通貨を中心にドル売り・円売りの流
れが継続し110.94円まで上昇する展開となっております。

 

 

 

 

テクニカルは4h遅行スパン雲沿いから価格雲ねじれをクロス
上抜ける形で、雲ねじれを中心に騰落となり上昇。
1h遅行スパン価格沿いの上昇から下降波動を右に出て高値更
新を繰り返し、上昇トレンド継続してくる展開となっており
ます。

 

引き続き1h遅行スパン価格沿いから再び上昇トレンド継続し
てくる展開を視野に、8h遅行スパン価格沿いから4h8h雲ねじ
れに向かって下降していくシナリオも警戒しながら、波動で
勢力を図り、収束反転も仕掛けていきます。

 



 

先日の展開です。

–東京市場–

午前は実需筋による月末・期末のドル買いやユーロ円の
上昇を受けて110.68円まで上昇。日経平均株価は前日比
76円安の22194円で前引ける。
午後は「欧州連合(EU)首脳会議、難民問題で合意」
(トゥスクEU大統領)との報道を受けたリスク選好の買
いで、110.79円まで上昇する。

 

 

–ロンドン市場–

トランプ大統領が米国の世界貿易機関(WTO)からの
脱退を希望していると伝わり、米10年債利回りは2.85%
後半から2.84%前半へ、それまで堅調だったダウ平均先
物も一時100ドルほど値を下げたことで、110.70円台で
伸び悩み、110.50円付近までじり安となる。

 

 

–NY市場–

欧州通貨を中心にドル売り・円売りの流れが継続。
リスクオフの後退でドル円は堅調な動きも、5月22日
以来の111円大台復帰は果たせず、上値は110.94円止
まりとなる。

そんな中テクニカルは日足8h価格雲から出される形で、
4h遅行スパン雲沿いで上昇。価格雲ねじれをクロス上抜け
中心に騰落で上昇。1h波動を右に出て高値更新を繰り返し
ながら上昇トレンド継続してくるなどしっかりと機能する
展開となっております。

 

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では仲値時間に直近のS点まで押しをつける
も、サポート機能から再び上昇。転換線に下支えられなが
ら、波動を右に出て高値を更新、その後ロンドン市場でも押
しをつけるもS点がしっかりとサポートとなり再び波動を右
に出て高値更新を繰り返しねNY市場にかけて上昇トレンド
継続する展開となっております。

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら

http://mk-fund.com/lp/



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »