Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年5月23日本日のドル円相場分析

calendar



本日はFOMC議事録公表があります。
長い一日となりそうですねー。
今日も一日頑張っていきましょう(^▽^)/

 

 

先日の東京市場はペンス米副大統領が米朝首脳会談
の中止の可能性を示唆したこと、黒田日銀総裁が
低金利の長期化による悪影響に言及したことなどで、
111.08円から110.84円まで軟調に推移。
ロンドン市場にかけて米中貿易摩擦の緩和期待の高
まりで111.19円まで一時じり高となるも、欧州通貨
が対ドルで強含んだことや、NY市場にかけても上値
を追いかけるには材料不足なため、110円後半まで
戻されてもみ合いとなっております。

 

 

テクニカルは下降波動に沿う形で下降。遅行スパン価格
付近と価格雲付近まで下降してきましたが、雲のサポート
から遅行スパン転換線基準線沿いと価格雲沿いで上昇。
その後基準線がレジスタンスとなり再び下降、23.6%の
サポートからP波動に収束する展開。
4h8hでは上昇トレンドから転換線を下回り、4h転換線
基準線内推移。週足遅行スパン価格付近で推移となって
おります。

 

引き続き4h8h日足の上昇トレンドの押しを視野に、
8h基準線から雲付近、遅行スパン価格付近まで
下降してくるのか、サポート機能で上昇トレンド
継続してくのか、4h転換線基準線のレジサポと
1hP波動のレジサポからバイアスなしに抜けを狙って
いきます。
4h遅行スパン価格沿いにも注目します。

 

 

先日の展開です。

 

 

–東京市場–

午前はペンス米副大統領が米朝首脳会談の中止の可能性を
示唆したことや、黒田日銀総裁が低金利の長期化による
悪影響に言及したことなどで、111.08円から110.86円まで
軟調に推移、午後は日経平均株価が23000円割れで弱含み
に推移したことで110.84円までじり安に推移

 

 

–ロンドン市場–

米中貿易摩擦の緩和期待の高まりでドル円が111.19円まで
じり高となるも、欧州通貨が対ドルで強含みドル円の買い
の勢いも徐々に弱まる。

 

 

–NY市場–

ロンドン午前に、中国財務省が7月から自動車の輸入関税を
25%から15%に引き下げることを発表したこともあり、
111.19円まで上昇、しかし上値を追いかけるには材料不足
なため、110円後半まで戻されてもみ合い。
米10年債利回りは3.05%台、ダウ平均は寄り付きではプラス
で始まるも、引けにかけて下げ幅を拡大し-178ドルの24834
ドルで引ける。

 



 

そんな中テクニカルは1h中間波動中心線で高値をつけた後は
波動沿いで下降。雲のサポートから雲沿いと遅行スパン転換線
基準線沿いで上昇。価格基準線のレジスタンスから下降。
23.6%のサポートから雲ねじれを中心に騰落となりP波動に
収束するなどしっかりと機能する展開となっております。

 

 

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では昨日からの下降波動沿いでの下降の流れ
を引き継ぎ下降。遅行スパン価格付近と価格雲、23.6%の
サポートが機能し、価格雲に沿う形と遅行スパン転換線基準
線に沿う形でロンドン市場にかけて上昇してきます。

 

その後遅行スパン価格付近と価格基準線のレジスタンスが
機能しNY市場にかけて下降。
23.6%付近と遅行スパン雲付近のサポートと遅行スパン価格、
価格転換線基準線のレジスタンスから雲ねじれ付近を中心
に騰落となりNY市場後半にかけてP波動に収束する展開となっ
ております。

 

 

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

 

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/



folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »