Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年5月11日本日のドル円相場分析

calendar

こんにちは!!Trader.kです(^▽^)/

先日の東京市場からロンドン市場にかけては日経平均の反発や、
本邦企業による海外企業の買収案件絡みと思われる円売りで
堅調に推移し前回高値圏である110円キリ番付近を試す動きと
なりましたが、110円台のドル売りオーダーや米10年債利回り
が2.97%台に低下したことで反落。
その後NY市場にかけても上値が重い展開が続き、また予想を
下回る米4月消費者物価指数(CPI)を受けてドル売りが先行。
109.32円まで下落する展開となっております。

 

 

テクニカルは1h波動を右に出て高値更新を繰り返し、上昇トレンド
継続からマルチタイム対等関係高値圏である前回高値圏がレジスタ
ンスとなり収束下降。
高値2度試しの対等関係同値動きと、4h雲ねじれに向かっての下降。
8hでは遅行スパン価格沿いの上昇から基準線、転換線、遅行スパン
価格付近まで下降しサポート機能。
日足でも転換線がサポートとなり遅行スパン雲付近で推移となって
おります。

 

引き続き8h遅行スパン価格沿いの周期に注目しながら、
4h雲ねじれを中心に騰落のシナリオも視野に
1h雲からの抜けを狙い、日足50%ラインと転換線、
波動ライン、遅行スパン雲のレジサポからの抜けで
その方向についていきます。

 

 

先日の展開です。

 

–東京市場–

午前は日経平均の反発を支えに109.92円まで上値を伸ばし
3日の高値に並ぶも、3%台を維持して引けた米10年債利回
りが2.98%台に低下したことや、日経平均が上げ幅を縮小
し小高い水準で伸び悩んだことで、109.63円まで小反落する。

午後は新規材料が乏しくNY終値の109.74円近辺でもみ合い。

 

 

 

–ロンドン市場–

本邦企業による海外企業の買収案件絡みと思われる
円売りで110.02円まで上昇したものの、110円台の
ドル売りオーダーや米10年債利回りが2.97%台に
低下したことで109.61円まで反落する。

 

 

 

 

–NY市場–

伸び率が鈍化した米インフレを受けて今年の米利上げ
ペースは加速せずとの思惑が高まり上値が重く、
ロンドン午前につけた高値110.02円を頭に、109.32円
まで弱含む。
米4月消費者物価指数(前月比)は総合で+0.2%、
コアが+0.1%とそれぞれ市場予想を0.1%下回り、
指標後に米10年債利回りは2.98%付近から2.94%
前半へ一時低下する。

 

 

そんな中テクニカルは1h波動を右に出て上昇トレンド継続、
8h遅行スパン価格沿いの上昇後は対等関係高値圏であるキリ番
付近がレジスタンスとなり対等関係同値動きから下降。
その後は1h雲、4h雲、8h転換線基準線遅行スパン雲、日足転換線
がサポートとなるなどしっかりと機能する展開となっております。

 

—–テクニカル的展開—–

先日の東京市場では下降波動を右に出ている位置から
高値更新気配が高まっておりましたが、ゴトー日仲値時間
に高値を更新。その後ロンドン市場にかけても対等関係の
同値動きから転換線、前回波動ラインもサポートとなり
上昇トレンド継続、前回高値圏キリ番がレジスタンスとなると
NY市場にかけて波動内で下降。日足転換線、8h転換線基準線
遅行スパン価格付近、4h雲、1h雲のサポートが機能し、
1h雲中推移となっております。

 

 

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

 

 

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »