Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年4月19日本日のドル円相場分析

calendar

 

先日東京市場ではポンペイオ次期米国務長官が数週間前に
金朝鮮労働党委員長と面会との報道を受け、朝鮮半島の
地政学リスク緩和や、日経平均株価が22194円まで上げ幅を
拡大したことから、107.39円まで上昇。
しかしその後NY市場にかけては、日本時間明朝6時半からの
日米首脳による共同会見を控え、動意が薄く伸び悩む展開
となっております。
 

テクニカルは1h雲ねじれて反転、
4hS点と遅行スパン価格のサポートから
8h遅行スパン価格に沿う形と遅行スパン価格
の上昇の同程度の値幅で上昇。
1h雲付近と波動ライン、雲ねじれ中心線、対等関係高値圏
がレジスタンスとなりその後は雲の下降に沿う形と
8h遅行スパン価格沿いでジリジリと下降する展開となっております。

引き続き1h雲位置と雲ねじれ中心線、4h8h遅行スパン
価格沿いに注目し、日足遅行スパン価格沿いの下降も視野に
マルチタイムのレジサポを合わせて1h雲からの抜けを狙います。

 

 

 

先日の展開です。

 

–東京市場–

午前はポンペイオ次期米国務長官が数週間前に金朝鮮労働党委員長
と面会との報道を受け、朝鮮半島の地政学リスク緩和で107.33円
まで上昇。
午後も「習・中国国家主席がまもなく平壌(ピョンヤン)を訪問へ」
(CNN報道)が流れるなか、日経平均株価が22194円まで上げ幅を
拡大したことから、107.39円まで上昇。しかし、日本時間明朝6時半
からの日米首脳による共同会見を控え、107.40-50円のドル売り
オーダーの手前で伸び悩む展開となる。
またリスク選好地合いで円は全面安の展開。

 

 

–ロンドン市場–

日米首脳会談2日目を控えて動意薄く、107.25円前後でこう着状態。
日米首脳の共同会見待ち。

 

 

–NY市場–

小幅な動きに終始する。19日の早朝に行われるトランプ大統領
と安倍首相の共同記者会見までは、動きにくい状況で、
107円前半で小動きとなる。

 

 

そんな中テクニカルは1h雲のねじれで反転するパターンで上昇。
4h遅行スパン価格とS点のサポートも機能し、
8h遅行スパン価格沿いで上昇。
その後8h遅行スパン実体価格、1h雲、波動ライン、雲ねじれ中心線、
対等関係高値圏がレジスタンスとなり、1h雲の下降の周期と
8h遅行スパン価格沿いで下降するなど
しっかりと機能する展開となっております。

 

 

—–テクニカル的展開—–

 

先日の東京市場は、昨日の雲ねじれで反転するパターンの上昇の
流れを引き継ぎ、8h遅行スパン価格沿いの上昇の周期で上昇。
8h遅行スパン価格の上昇の同程度の値幅で1h雲、雲ねじれ付近、
対等関係高値圏、波動ラインがレジスタンスとなり
その後はNY市場まで8h遅行スパン価格沿いと、1h雲の下降の周期
で下降、1h雲中で雲の下降の周期に沿いながら、
雲ねじれに向かってジリジリ下降している展開となっております。

 

続き、画像付き解説、
エントリーポイントの詳細、今後の予測、
お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »