Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2018年3月18日今後のドル円相場マルチタイムフレーム分析(一目均衡表&フィボナッチリトレースメント)

calendar

reload

一目均衡表 フィボナッチリトレースメント マルチタイムフレーム分析

一週間お疲れ様でした(^▽^)/

先週は森友文書問題への警戒感や、
トランプ米政権が中国に対して対米貿易黒字1000億ドルの
削減を求めたことで米中貿易戦争への警戒感が高まり、
ドル売り円買いが優勢。一旦は買戻しの動きもありましたが、
ティラーソン国務長官が解任され対中強硬派のポンペオ
中央情報局(CIA)長官が任命されたことや、
コーンNEC委員長の後任にも同じく対中強硬派のクドロー氏が
任命されたことで、
107.29円から105.60円まで大きく下降する週となりました。

そんな中、4h遅行スパン価格に沿う形で下降後は
半値戻し、基準線がサポートとなり遅行スパンが
雲ねじれに向かって上昇。
4h76.4%、8h38.2%で高値をつけた後は、
8h雲のくぼみに沿う形と遅行スパン価格に
沿う形で下降、4h遅行スパン雲に沿う周期で下降し、
日足下降トレンド継続となるなどしっかりと
機能する展開となっております。

 

↓先週の展開です(^▽^)/

 

先週前半は安値を試す値動きとなりしまたが、
週の半ばにかけて上昇、その後後半にかけて下降
安値を更新するフラクタルの値動きとなりました。

先週前半は1h上昇トレンドから下降波動に沿う形で下降。
50%半値戻し、4h基準線、8h基準線波動ラインが
サポートとなり、その後1h波動を出て週の半ばに
かけて、4h遅行スパン雲ねじれ向かう周期と、
8h遅行スパン価格沿いで上昇。
その後は8h38.2%4h76.4%のレジスタンスが機能し、
8h雲のくぼみに沿う形で下降。
その後も雲の下降の周期と、遅行スパン価格転換線基準線沿いの
周期で下降し、日足下降トレンド継続の週となりました。

 

↓マルチタイムフレームフィボ位置になります(^▽^)/

 

月足上昇フィボ雲中
23.6%  114.01
38.2%  106.69
50%   100.77
61.8%   94.85
76.4%   87.52

 

下降フィボ
76.4%  119.51
61.8%  115.58
50%   112.41
38.2%  109.24
23.6%  105.31

 

週足上昇フィボ雲下
23.6%  114.01
38.2%    111.13
50%         108.80
61.8%  106.48
76.4%  103.60

 

下降フィボ
76.4%  115.50
61.8%  113.54
50%   111.95
38.2%  110.37
23.6%  108.41

 

日足下降フィボ雲下
76.4%  112.49
61.8%  111.11
50%   109.99
38.2%  108.87
23.6%  107.49

 

8h下降フィボ雲下
76.4%  109.24
61.8%  108.47
50%   107.86
38.2%  107.24
23.6%  106.47

 

4h下降フィボ雲下
76.4%  107.27
61.8%  106.88
50%   106.57
38.2%  106.25
23.6%  105.86

 

1h上昇フィボ雲下
23.6%  106.80
38.2%  106.50
50%   106.26
61.8%    106.02
76.4%  105.72

 

下降フィボ
76.4%  106.89
61.8%  106.64
50%   106.44
38.2%  106.24
23.6%  106.00

続き、お問合せは
平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

会員内お問合せにて見方や手法も
より突っ込んだ内容でお答えしております。

平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
MK会員、
週刊分析動画、
各種分析のご案内は
↓こちら
http://mk-fund.com/lp/

folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »