Trader.kオフィシャルホームページ

~ individual investor ~

2017年11月15日ゴトー日 本日のドル円相場分析と今後の予測展開図(一目均衡表&フィボ 1時間足)

calendar



一目均衡表 フィボナッチリトレースメント 1時間足



先日は、ロンドン午前まで堅調に推移、113円後半まで
上昇する展開となりましたが114円手前で失速、米税
制改革案の不透明感や米10年債利回りが2.37%台まで低下した
ことが重しとなり、113.31円まで下値を広げる展開となりました。
またドイツのGDPが改善したことが好感され、ユーロが
主要通貨に対して堅調な動きとなっていることも
米ドルの上値を重くしております。

 

テクニカルでは遅行スパン価格沿いから雲上推移、
雲ねじれ位置で50%半値まで戻し、4h雲、8h基準線、日足転換線、
月足23.6%付近がレジスタンスとなり雲ねじれと一巡76の変化日が
機能し騰落から下降している展開となっております。

 

引き続き波動ライン、遅行スパン周期とレジサポ、日足転換線基準線の
レジサポに注目ですね(^▽^)/

 

本日はゴトー日で月の半ば、
仲値とその後の方向性にも注目したいと思います。

 

今日も一日頑張っていきましょう(^▽^)/



先日の展開です。

 

東京市場
日経平均が一時マイナスになるものの、プラス圏に戻したことや、
米長期債利回りは2.40%台を維持していたことで堅調に推移し、
113.73円まで上昇。その後は小幅な値動きとなる。

 

ロンドン市場
113円後半で推移するも113.91円を高値に伸び悩む。
米税制改革案の不透明感で上値の重さも示している。

 

NY市場
ユーロドルを主導とした欧州通貨買い・ドル売りの
流れが強まる。また米10年債利回りが2.37%台まで低下したことが
重しとなり113円半ばで頭を抑えられ、113.31円まで下値を広げる。

 

そんな中テクニカルは波動を出て高値を更新。
雲ねじれ位置で上昇。50%半値戻しと4h雲等のマルチタイムのレジスタンスから
雲ねじれ変化日が機能。
4h遅行スパン価格沿いの周期で下降してくるなど
しっかりと機能する展開となっております。

 

先日、東京市場に価格雲上で遅行スパン価格沿いで推移していた価格は
ロンドン市場にかけて波動ラインを右に出てきます。
その後波動を右に出たことで高値を更新、雲ねじれと一巡の変化日が機能する
展開で50%半値戻し、4h雲、8h基準線、日足転換線のレジスタンスから
下降。NY市場まで波動内にて4h遅行スパン価格沿いで
下降している展開となっております。

 

1h雲付近と前回安値圏、遅行スパン雲沿いのサポートと
波動ライン、雲のレジスタンスに注目し
騰落の仕掛けと、抜けを狙います。

 

※直近では遅行スパン雲を下抜けております。



↓マルチタイムフレームでの展開です。

 

1h、雲ねじれ変化日で高値を試した後は、騰落から下降。
遅行スパン雲のサポートにあっている展開。
安値圏と遅行スパンのサポートに注目、
波動ラインで勢力をはかる。
レジサポで騰落の仕掛けと抜け狙い。

 

4h、50%半値戻しのサポートから雲ねじれ中心線と雲付近まで
上昇。雲、遅行スパン価格帯のレジから遅行スパン価格沿いで
もう一度下降している展開。
遅行スパン価格沿いと波動沿い気配高まる。
対等関係位置と遅行スパン価格沿いの周期に注目。

 

8h、8の周期で遅行スパン価格沿いで推移後は9本目高値をつける。
基準線がレジスタンスとなりその後は雲中推移。
遅行スパン価格のレジと雲のサポ、価格雲のレジサポで騰落を
合わせ、波動ラインで勢力を図る。
波動沿いで雲下まで押しも視野に入る位置。

 

日足、上昇トレンド継続から高値を更新後は転換線基準線横這いから
収束気配あり、
転換線のサポートからジリジリ安値を切り上げて
波動ライン到着。
転換線まで戻りをつけるもレジスタンスから波動沿いで下降。
このまま波動沿いで下降してくる気配。
波動ライン、転換線のレジと基準線のサポートに注目。

 

週足、高値更新後は23.6%を下回っている展開。
遅行スパン価格沿い周期から下降も見えてくる位置。
遅行スパン基準線、価格転換線のサポートと
23.6%高値圏のレジに注目。サポート下抜けで
50%ラインまでの下降も視野に。

 

月足、転換線基準線重なりの
中心線からの騰落でレジサポを合わる位置の
高値圏で月が変わり23.6%を上抜け後は
もう一度下回ってきている展開。
転換線、基準線の中心線、遅行スパン基準線
まで下降してくる展開も警戒。

 

週足遅行スパン基準線のサポートを下抜けから
日足基準線下抜けで波動沿いから遅行スパン価格沿いで
1h下降トレンド突入の下降も見えてきます。
マルチタイムのレジサポを合わせ、騰落と抜けを狙います。

 

 

 

引き続き日足転換線基準線を
どちらに抜けてくるかですね(^▽^)/
1h雲下から1hからの下降波動沿いで
下降気配は高まっております。
波動ラインにも注目します。

 

 

4h雲ねじれ位置に転換しなければ
そのまま下降気配も高まります。
注目します。

 

 

1h雲を上抜けてくると
高値圏、
4h遅行スパン価格と価格雲のレジ、
8h雲、基準線と遅行スパン価格のレジ、
日足転換線と114円キリ番のレジ、
週足月足23.6%のレジに注目します。
各上抜けで上昇トレンド突入から
対等関係高値から月足雲上までというシナリオ。

 

 

1h雲下から波動沿いの下降で
4h遅行スパン価格沿いから対等関係位置のサポ
8h雲と遅行スパン雲から23.6%113円キリ番のサポ
日足基準線と遅行スパン価格のサポ
週足遅行スパン基準線、価格転換線のサポを下抜けて
日足遅行スパン価格沿いと週足遅行スパン価格沿いの周期で
下降トレンド突入から月足転換線基準線の中心線まで
下降というシナリオ。

 

マルチタイムレジサポ機能で1h雲を中心に騰落のもみ合いのシナリオ。

 

マルチタイムのレジサポを合わせて
抜けと騰落の仕掛けを狙います。

 

続き、エントリーポイントの詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
メルマガ内メールにて見方や手法を
より突っ込んだ内容でお答えします。

バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
分析等にご活用ください(^▽^)/

 

平日毎日配信
平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678127.html

 

毎週配信の
週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
メルマガ登録(詳細)は
こちら↓
http://www.mag2.com/m/0001678129.html



———————————————–

ちょこっとブレイクタイム(^▽^)/

みなさん
トラリピ(トラップリピートイフダン)をご存じでしょうか?

トラリピとは、イフダン(新規と決済を同時に発注する注文)に、
リピート(注文をくり返す機能)とトラップ(一度にまとめて発注できる仕組み)
を搭載したFXの発注管理機能です。

上下しそうな相場(レンジ)に対して「広範囲に」「まるで罠(トラップ)を仕掛けるように」
自動的に売買をくり返すリピートイフダンを並べることで、取引にかかる手間を極力削減し、
機械的に売買チャンスを狙うことを目的とした運用手法です。

トラリピはこんな方にお勧め

〇相場をずっと見張っている時間がないが、それでも利益を
コツコツ増やしたい。

〇FXはすでにやっているけれどトラリピに興味がある

〇そろそろ資産運用をはじめたいと思っている

〇基本はコツコツ運用派だけど、相場が大きく動いた時は
利益を狙いにいくこともしたい。

実際にこんな方に選ばれてます。

〇ある程度まとまった金額を運用したい

〇家事や仕事が忙しくてイチイチ相場を見ることができない。

〇資産運用をするのに多くの時間を取れない・取りたくない

詳細はこちらです↓



FXを始めるならM2J

———————————————————–

今後の予測展開図

直近では安値圏を試してります。
安値圏、マルタイムのサポートに注目します。

※時間の経過によってその位置、勢力は変わってきます。

↓不定期になりますが、ライブ配信用チャンネルです
ライブ配信用チャンネル(FC2ライブ)


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder リアルタイム、ライブ配信チャンネル

リアルタイム ライブ配信ちゃんねる
more...
Translate »